Future Robotics Organization早稲田大学 次世代ロボット研究機構

Open reseach & Designated reserch

受託研究・寄付

受託研究・共同研究について

受託研究は、民間企業等からの委託を受けて行われる研究で、これに要する経費は委託者側に負担していただきます。
共同研究は、民間企業等からの研究経費等を早稲田大学が受け入れて、民間企業等の研究者と共通の研究課題について共同して研究を行います。
研究契約等締結をご希望の場合は、プロジェクト研究所もしくは研究代表者(以下、「研究所等」)と、研究契約を結ぶうえで必要な実施計画等、経費を含め検討してください。
問い合せ先が不明な場合は、次世代ロボット研究機構ホームページ上のお問い合わせフォームから、契約締結希望の研究所または教員名を明記のうえ、お問い合わせください。

受託研究・共同研究の手続きの流れ

1.検討
民間企業等と研究所等との間で研究契約締結に向けての検討を行ってください。
2.お申し込み
研究所等から次世代ロボット研究機構(研究院事務所)へ事前相談および以下の必要書類を提出してください。
研究・調査依頼書:実施計画、経費等を検討の上、民間企業等に作成いただきます。
◆契約書(案):早稲田大学の契約書雛形を参考に民間企業等と研究所等で検討のうえ、研究契約書(案)を作成ください。
・受託研究の場合:契約書雛形
・共同研究の場合:契約書雛形
3.合意
研究所等を介して、早稲田大学と民間企業等で契約内容を確認します。
早稲田大学では、法務・知的財産等担当部署にて確認させていただきます。
4.契約締結・研究費支払
双方の合意(早稲田大学では学内所定会議の承認を要します)を以って、契約書を取り交わします。
早稲田大学から請求書を発行します。
5.研究開始・成果の報告
研究を開始してください。
研究所等は、契約内容に応じて成果の報告等を行います。

寄付の流れ

プロジェクト研究所は外部資金によって運営されています。

指定寄付金は、企業や団体、個人などからプロジェクト研究所に対して提供された寄付金を研究費として活用する制度です。
法人については、特定寄付金(寄付金の一定限度額まで損金算入)もしくは受配者指定寄付金(寄付金の金額を損金算入)をお選びいただけます。
特定寄付金と受配者指定寄付金では手続きが異なります。

特定寄付金の手続きの流れ *法人・個人

1.お申し込み
寄付申込書(個人用)」もしくは「寄付申込書(会社・団体用)」をご記入下さい。署名・捺印後、プロジェクト研究所担当者を通じて次世代ロボット研究機構事務所に提出して下さい。
2.お振込み
「指定寄付専用振込用紙」にて寄付金を金融機関よりお振込み下さい。*用紙と専用封筒をお送りしますので、お問合せ下さい。
◆クレジットカードまたはインターネットバンキングにより振込みが可能です。詳しくはこちらをご確認ください。
3.書類の送付
本学発行の「領収書」「受入通知書・特定公益増進法人証明書(写)」「お礼状」をお送りいたします。

受配者指定寄付金の手続きの流れ *法人

1.お申し込み
寄付申込書(法人・受配者指定用)」をご記入下さい。署名・捺印後、プロジェクト研究所担当者を通じて次世代ロボット研究機構事務所に提出して下さい。
2.お振込み
「指定寄付専用振込用紙」にて寄付金を金融機関よりお振込み下さい。*用紙と専用封筒をお送りしますので、お問合せ下さい。
◆クレジットカードまたはインターネットバンキングにより振込みが可能です。詳しくはこちらをご確認ください。
3.書類の送付
「寄付金預り書」「お礼状」をお送りいたします。
4.領収書の送付
「寄付金受領書(日本私立学校振興・共済事業団発行)」をお送りいたします。*決算時に必要な書類となります。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/fro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる