Future Robotics Organization早稲田大学 次世代ロボット研究機構

History

WASEDAロボット技術の変遷

世界屈指のロボット名門校 早稲田大学

katou


故 加藤一郎教授

早稲田大学のロボット研究は、日本のロボット研究の創始者とも言える故加藤一郎教授の1960年代の研究から始まり、今日に至っています。1970年代には、WABOTと称される二足歩行をはじめとする多くのヒューマノイドロボットの研究がなされました。
2000年には、“ヒューマノイドロボット研究所”が誕生し、2002年には、ロボットと人の建物内外の環境における在り方に関する研究プロジェクトが岐阜のWABOT-HOUSE研究所で実施されました。ほぼ同時期に2003年には文部科学省による初めての競争的重点プログラムである21世紀COEプログラムに“超高齢社会における人とロボット技術の共生”が採択され、修士・博士課程を中心とする多くの国際的視野を持つ若手研究者が海外の拠点と連携することによって育成されました。
これまで多くのロボットに関する研究成果を集約してさらに発展させるために、大学は「次世代ロボット研究機構」を創設して、21世紀の日本の社会が抱えている多くの課題である、超高齢社会、人との共創、災害の復旧、ヘルスケアや福祉などへのロボット技術の活用をさらに加速していくことを目指しています。

robot

これまでのWASEDAロボットの実績

早稲田大学のロボット技術は国内外で広く評価されています。これまで、超大型研究プロジェクトを数多く推進してきました。

2013-           Waseda Ocean ICT・ロボット工学
2013-           実体情報学博士プログラム
2008-2013 体系的ロボット工学のWebテキストRTPedia
2004-2009   人間特性計測技術を健康医療に融合
2004-2009 医工学による技術革新型クラスターの形成
2001-2010    人間-自然環境と共創するロボットコミュニティ
2000-             ヒューマノイド研究所
1970-             WABOTプロジェクト

そして現在、世界屈指のロボット開発研究拠点「次世代ロボット研究機構」を設立しました。今後も、更なるロボット技術の研究、開発、実用化を目指して、邁進して参ります。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/fro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる