Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

時間栄養学研究所
Chrono-nutrition research center

研究テーマ

時間生物学の研究成果を応用すべく時間栄養学研究を推進し、最終的にヒトの健康科学へ貢献することを研究テーマとする

分野:科学

研究概要

 持続型の食料供給体系-農学・バイオ・社会科学の学際・融合研究体制を基礎として問研究テーマで重点研究を行って来た(2014-2019。本重点研究では、食・農・バイオを絡めながら、「新たな農業・担い手システム」「農林水産業システムとガバナンス」「医食同源の暮らし革命」という大きく3つのテーマについて研究を促進させてきた。
これらのテーマ設定は非常によく、相互の共同研究を展開もし、3テーマは大きな外部資金を得て、press release、アウトリーチ活動のいずれをとっても、世界に発信する研究成果を出し、大学へ貢献したという意味では大いに価値があった。一方、研究テーマが多岐に渡っていることから、「医食同源の暮らし革命」の中で、格段に研究が進んだ領域(時間栄養による健康推進)を、プロジェクト研究所として開設し、さらなる研究の発展と強化を行うこととした。このような研究テーマを掲げた研究機構等は他に類を見なく、早稲田大学の強みを一層強化していくプロジェクト研究所として継続発展していくと期待ができる。
 時間栄養学研究には、基礎研究としての時間生物学研究も重要であるので、それにかかわる研究者も参加してもらう。医食同源で得られた、漢方薬や生薬を時間栄養の視点でスクリーニングしたり、種々の機能性食品を同様にスクリーニングしたりする。また、ヒトの調査研究と介入研究を実施し、ヒトの健康科学に役立っていることを証明する。
また、機能性おやつを開発し、「攻めの間食」に有用な商品を、企業と共同開発する。
腸内細菌の研究は非常に盛んにおこなわれているが、プレバイティックスやプロバイティックスの摂取時刻の影響についてはほとんど知見がない。特に腸脳相関を視点とした、時間栄養学も展開する。さらに時間栄養科学研究会(代表、柴田重信)とも、強く連携を行い、アカデミックと、産業との橋渡し研究にも注力する。実際、数多くの企業と共同研究を実施予定である。
また、体内時計にアミノ酸がリセット効果を示すことを見出したが、d体のアミノ酸が薬として開発されていることを鑑み、この作用にd、1体の構造特異性が見られるか否かについて調べる。

研究報告

【2019年度】
時間栄養学研究所の立ち上げの初年度であり、研究や教育活動を行うための招聘研究員の充実に力を注いだ。研究所長の柴田が、日本時間栄養学会の会長を務めていることから、この学会と時間栄養学研究所と連携すること、その後2020年の日本時間栄養学会の共催のための準備に取りかかった。まず、日本時間栄養学会の幹事の先生方は全員、研究所の招聘研究員として参加していただいた。そこで、日本時間栄養学会との共催について積極的な意見が出て、実際シンポジウムの演者や、ワークショップのメンバーに、招聘研究員としての参加の承諾も得ること、さらにプログラムの作成等にも積極的に関わってもらうことが出来た。また、ヒト介入試験を研究所としても積極的進めたい研究領域なので、東京女子医科大学の、内科医の中岡准教授にも招聘研究員として参加していただき、ヒト介入試験の研究計画や研究の実行に大きく貢献していただくことが出来たしたがって、2020年、2021年とこの仕組みをうまく使い、さらに東京女子医科大学の佐藤講師にも招聘研究員としての参加も要請している。

所長

柴田 重信[しばた しげのぶ](理工学術院)

メンバー

【研究所員】
柴田 重信(理工学術院教授)
朝日 透(理工学術院教授)
岡野 俊行(理工学術院教授)
竹山 春子(理工学術院教授)
田原 優(理工学術院准教授(任期付))

【招聘研究員】
安藤 加里菜(独立行政法人日本スポーツ振興センター外部研究協力者)
大池 秀明(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門上級研究員)
大石 勝隆(筑波大学グローバル教育院ライフイノベーション学位プログラム教授(協働大学院))
緒方(大下) ひとみ(広島大学大学院総合科学研究科准教授)
小田 裕昭(名古屋大学大学院生命農学研究科准教授)
香川 靖雄(女子栄養大学副学長、医化学教授)
佐藤 恭子(東京女子医科大学東医療センターリハビリテーション科、内科)
志内 哲也(徳島大学大学院医歯薬学研究部准教授)
髙橋 将記(東京工業大学准教授)
辰巳 佐和子(滋賀県立大学人間文化学部生活栄養学科臨床栄養学研究室、大学院人間文化学研究科臨床栄養学研究室)
永井 成美(兵庫県立大学大学院環境人間学研究科博士後期課程指導教員)
中岡 隆志(埼玉県立がんセンター副病院長/総合内科)
八反丸 美和(医療法人健仁会益子病院内科)
古谷 彰子(愛国学園短期大学家政科非常勤講師、医療法人社団あさま耳鼻咽喉科医院栄養指導士)
安尾(永島) しのぶ(九州大学大学院農学研究院准教授)
山下 陽子(神戸大学大学院農学研究科准教授)

連絡先

[email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる