Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

都市と美術研究所
Institute of City and Art

研究テーマ

都市と美術に関わる諸問題の多角的視点による調査・考察・研究

分野:文化

研究概要

都市と美術の関係を多角的・横断的に考察するのが当研究所の目的である。
都市の問題は、土木、建築、デザイン、美術、防災、哲学など、理工学から人文学の分野まで、多様で幅広い要素を含んでいる。そのため、それぞれ個別の領域のなかで研究されるだけでは、とらえきれない領域横断的な課題が少なくない。
ここではとくに、都市について「美術」の視点から考えることで、人びとが都市において豊かに暮らすための根源的問題について考察してみたい。
そもそも都市と美術の関係は微妙で、一筋縄ではいかない。たとえばすばらしく景観デザイン的に美しい街が、人びとにとって暮らしやすいとは限らないだろう。また美術館が多く建ち並べば、人びとの心が豊かになるというわけでもない。かつて、都市に生まれた人びとは、どのように生き、何が、人びとに豊かで幸せな暮らしをもたらしたのだろうか。視覚的イメージや歴史、文学から考察・研究することは、その答えを教えてくれるにちがいない。
自然災害、環境汚染など、都市生活者をとりまく状況は、今日、困難ななかにある。現在、東京は一方ではオリンピックを、他方では大地震やテロまでをも視野に入れつつ、再生が試みられつつある。その意味で本課題は今こそ、もっとも今日的で身近なものとして浮かび上がってくる。こうした差し迫る現実的問題を視野に入れつつ、美術を核に多角的な視点から都市について研究するとは、すなわち、都市における現実や都市づくりの実践と、そこでの豊かな暮らしという、いわば、「もの」と「こころ」をつなげる研究であり、そこに本研究の目的がある。
ここでは具体的に「都市の表象と精神性」、「都市のなかのアート作品」、「都市の空間デザインと街づくり」の3つの大きな柱を設けて研究を行う。
(1)都市の表象と精神性
都市のかたちとそこに生きる人びとが、絵画や彫刻など美術作品においてどのように表象されてきたのか。作品を紐解くことで、都市生活とは何かを問う。またそこに生きる人びとの精神性の表われについても、歴史的考察も視野に入れて探究する。

(2)都市のなかのアート作品
都市空間における美術の存在とその意義を探る。美術館、ギャラリー、パブリックアートなど、都市のなかで美術はどのような意味を担うのか。また建築や土木におけるデザイン的要素は、何をもたらし、どのような美術的価値があるのか。都市とアートをつなぐ問題について考える。

(3)都市の空間デザインと街づくり
都市において、人びとの生活空間はどのようにあるべきか。利便性、防災、景観、心地よさなど、現実的な生活と美的要素とはどうかかわりあえるのか。都市における街づくりの問題を、実践および歴史など、多角的視点から考える。

以上の研究を行うにあたり、美術、文学、哲学、建築、社会学、の各分野を専門とする研究所員・顧問から研究所を構成することで学際性を保持する。
さらに関係する分野の招聘研究員を国内外から招き研究活動を行うことで、研究の幅を広げ、質の向上を図ると同時に、研究活動や成果について広く学外に発信することを目指す。

研究報告

【2019年度】
【研究会】
第14回研究会2019年6月25日(火)18:00~20:00(戸山キャンパス)
・越智繁雄(一財)河川情報センター業務執行理事(元国土地理院長)「災害に負けない国づくり・地域づくり・社会づくり―絵画・地図が伝えるもの・語るもの・見えるもの」

第15回研究会2019年7月5日(金)17:00~18:00(會津八一記念博物館)
「ニューヨークに学んだ画家たち―木村利三郎を中心に」展(坂上桂子監修)

「まちあるきワークショップ」2019年12月15日(土)12:00~21:00(丸の内地区/西早稲田キャンパス)
藤井由理(創造理工学部)、山村崇(創造理工学部/高等研究所)、池田祥英(文学部)、坂上桂子(文化構想学部)
文化構想学部複合文化論系学生/創造理工学部建築学科学部生・同研究科大学院生

第16回研究会2020年1月23日(火)18:30~20:30(戸山キャンパス)
・実施報告「美術×建築丸の内・街歩きワークショップ」
・山村崇(早稲田大学高等研究所講師)「創造産業による都市再生:大都市《周縁》を連鎖的に再生させる「アーキペラーゴ・アーバニズム」試論」

【国際シンポジウム】
「新たな都市空間の創出とアートの役割」2019年10月1日(火)16:20~20:00(戸山キャンパス)
・五十殿利治(筑波大学特任教授・国立美術館理事)「30年代東京の展示空間、画廊と美術館」
・マーティン・グロスマン(サン・パウロ大学教授)「メガシティ、サン・パウロにおけるアートのハイパーダイナミックスについて」
・清水敏男(学習院女子大学教授)「都市になぜアートが必要なのか」
・塚原史(早稲田大学法学学術院名誉教授)「カテドラル、ミュージアム、ショッピングセンター―市民革命から消費社会へ:アートの役割を探る」

【2018年度】
【研究会】
第10回2018年6月26日(火)18:00~(戸山キャンパス)
・大石久和氏(一般社団法人全日本建設技術協会会長、前 公益社団法人土木学会会長)
「国土と日本人」

第11回2018年7月17日(火)17:30 (戸山キャンパス)
・ジュディット・ル・メール(ブリュッセル自由大学建築学部教授・国際関係課副所長) 
「MICM-arc: 文化、流動性、都市のアイデンディティ ― 空間化を活用したブリュッセルのアイデンティティをめぐる学際的研究」
・ヴァネッサ・フランヴィル(ブリュッセル自由大学中国学副教授・東アジア研究所所長) 
「GENEsYsについての紹介:東アジアの若者と公共空間」
 
第12回2018年11月13日(火)16:30(會津八一記念博物館)
・楢山満照(早稲田大学文学学術院・講師)
「中国の鏡の世界―かたちになる願い」
・宮城徳也(早稲田大学文学学術院・教授)
「スピネッロ・アレティーノとトスカーナの諸都市」

第13回2018年12月11日(火)18:00(戸山キャンパス)
・池田淳史(早稲田大学大学院)/ 伊藤圭一郎(早稲田大学大学院) ITO Keiichiro
「直島のアート空間」
・長田攻一(早稲田大学名誉教授)
「巡礼の空間実践のディスクール-日本の巡礼を事例としてー」

【国際シンポジウム】「都市と表象文化」
2019年1月22日(火)14:30-18:30(戸山キャンパス) 
・橋秀文(神奈川県立近代美術館主任学芸員)
「享楽人またはフマニストとしての木下杢太郎」
・イ・ドフム(漢陽大学人文大学校教授)
「ソウルの社会文化的空間とその表象に関する研究―小説『布衣交集』(19世紀)、『川辺の風景』(1930年代)、『ソウル1964年冬』(1960年代)を中心に―」
・塚原史(早稲田大学會津八一記念博物館館長)
「ダダイズムとモダンアートの「反転」―ツァラ、デュシャン、荒川修作、ボードリヤール」

【2017年度】
【研究会】
第4回 2017年7月8日(會津八一記念博物館) 
・「パリから学んだ画家たち展」見学

第5回 2017年7月25日(戸山キャンパス) 
・禹美英 (漢陽大学)「朝鮮留学生と1930~31年、「東京以前の東京」―朴泰遠の『半年間』を中心に―」
・鄭珉 (漢陽大学)「≪太平城市図≫と18世紀の都市風景」

第6回 2017年11月7日(戸山キャンパス)
・ 守中高明(法学学術院)「記念碑のポリティックス」
・ 塚原史(法学学術院)「City and Cemetery : 都市と墓地ーアーティストたちの墓碑銘は何を語るか?」

第7回【ブリュッセル自由大学との共同ワークショップ】
2017年11月27-28日(ブリュッセル自由大学)
Contemporary Architecture and Urbanism in the Metropolis

第8回 2017年12月18日(理工学術院) 
ブリュッセル自由大学との交流セミナーについて
藤井由理 (理工学術院)/ 古谷誠章 (理工学術院)

第9回 2017年2月5日(戸山キャンパス) 
・中村まの(早稲田大学大学院)「マネが見た19世紀パリの欲望―≪オペラ座の仮面舞踏会≫を中心に」
・河合莉沙(早稲田大学大学院)「ミュシャ作≪ジスモンダ≫考察―肖像画としての演劇ポスター」
・イ・チュンヒ(漢陽大学大学院)「大阪猪飼野、朝鮮人街の来歴と現在―金石範の火山島を中心に」
・ソ・ミファ(漢陽大学大学院)「金時習の自画像研究―詩と絵を中心に」

【国際シンポジウム】「美術館から都市へ―発信する美術館」
2018年2月2日(戸山キャンパス)

・篠原資明(高松市美術館館長)「創造都市における芸術―高松市美術館の試み」
・高橋明也(三菱一号館美術館館長)「三菱一号館美術館の試み―再生建築から新しい美術館へ」
・冨田章(東京ステーションギャラリー館長)「世界一アクセスのいい美術館 東京ステーションギャラリーとその戦略」
・マライエ・ヤンセン(アムステルダム国立美術館研究員)「コイペルスへの回帰―アムステルダム国立美術館の1885年から現在まで」
・塚原史(會津八一記念博物館館長)「會津八一記念博物館の課題と展望」

【2016年度】
《研究会》
第1回研究会
日時 2016年10月12日 10:00―12:30
場所 早稲田大学戸山キャンパス33号館8階807室 
内容 各研究員の研究紹介、および今後の研究活動にかかわる指針の決定

第2回研究会 
日時 2016年12月12日(月)17:00-19:00
場所 早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室
内容 研究発表
1. 田中綾子(東京工芸大学特別講師)
「地域連携型アートプロジェクトの可能性 Artist In Residence/ トリエンナーレ・ビエンナーレ・芸術祭の試み」
2. 塚原史(早稲田大学會津八一記念博物館館長)
「本庄校地再活用計画と地域連携型アートプロジェクトの可能性」

第3回研究会
日時 2017 年1月30日(月)16:30-19:00
場所 早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室
内容 研究発表
1. 古谷誠章 (早稲田大学理工学術院教授)
 「Make a Place to Meet ― 本庄高校から島根県雲南プロジェクトまで」
2. 藤井由理 (早稲田大学理工学術院准教授)
 「ベルリンのユダヤ博物館」

《国際シンポジウム》
日時 2017年3月10日(金)14:00-18:40
場所 早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室
内容 テーマ「都市の災害とアート 9・11 / 3・11」
主催 都市と美術研究所主催、早稲田大学総合研究機構後援
◆基調講演
・ゲイル・レヴィン(ニューヨーク市立大学)「A Memorial to the Attacks of 9-11: Roz Dimon’s Digital Engagement with New Symbols for New York City」
・ロズ・ダイモン(アーティスト)「American Icons and the City」
◆発表
・坂上桂子(早稲田大学)「木村利三郎の都市表象と9・11」
・蔵屋美香(東京国立近代美術館)「地震のあとで:ポスト3・11のアート」
・桝田倫広(東京国立近代美術館)「予見と前衛―3・11以降の工藤哲巳作品についての解釈を事例に」
・山田隆行(早稲田大学)「3・11とthree」

所長

坂上 桂子[さかがみ けいこ](文学学術院)

メンバー

【顧問】
長田 功一(早稲田大学名誉教授)
塚原 史(早稲田大学法学学術院教授)

【研究所員】
坂上 桂子(文学学術院教授)
守中 高明(法学学術院教授)
金 敬黙(文学学術院教授)
宮城 徳也(文学学術院教授)
古谷 誠章(理工学術院教授)
藤井 由理(理工学術院教授(任期付))
池田 祥英(文学学術院准教授)
山村 崇(高等研究所准教授(任期付))
河野 昌広(文学学術院助手)
山田 茉委(文学学術院助手)
池田 理哲(理工学術院助手)

【招聘研究員】
大石 久和(一般財団法人国土技術研究センター国土政策研究所長)
GRULOIS GEOFFREY(ブリュッセル自由大学建築学部教授)
Gail Levin
小藪 明生(早稲田大学文学学術院非常勤講師)
慎 重進(成均館大学建築学科教授)
立花 英裕(早稲田大学名誉教授)
田中 綾子(東京国立近代美術館)
冨田 章(東京都ステーションギャラリー館長)
楢山 満照
FRANGVILLE VANESSA(ブリュッセル自由大学専任講師)

連絡先

文学学術院 坂上 桂子
E-mail:[email protected]

WEBサイト

http://w3.waseda.jp/prj-cityandart/

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる