Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

中国現代文化研究所
Institute for Cultural Studies on Modern China

研究テーマ

中国現代文化の諸事象に関する海外・国内との共同研究

分野:文化

研究概要

本学には現代の中国文化を研究領域とする研究者が少なからずいるが、各学部に散在しており、全体の力量を十分に発揮できる環境が整っているとは言えない。そこで、本研究所を設置することで学内の同領域の研究者の学部横断的な拠点を確保し、本学における現代中国文化研究の振興を図ることを目的とする。
ただ、各研究者の研究はきわめて多彩であるので、研究所で一つのテーマを設定して一斉に研究する方法はとらず、所員間で研究に関する相互連絡・情報交換を図り、それぞれの海外・国内の研究機関・学外の研究者等との共同研究への支援などを通じて、学内現代中国文化関係の研究者が協力して研究を推進できる環境を整えることを目指す。
また、本学でも現代の中国文化を研究対象とする若手教員、大学院生が増えており、本研究所の活動への参加を希望している。こうした若手研究者の研究を促進し、新世代の研究者の育成を支援することを目指す。
具体的には、所員の研究テーマに沿って、海外の連携研究機関などから研究者・作家などを招いて講演会、シンポジウム、展覧会などを開催することを主な活動とする。あわせて、研究所員ならびに若手研究者を中心としたシンポジウムを開催し、研究者の育成を図る。その成果は、書籍・報告書などにまとめて公表する。
なお、当然のことながら、各所員はそれぞれの研究を発展させ、論文・著書の執筆を積極的に進める。

研究報告

【2018年度】
中国現代文化研究所は、学内の近現代中国研究者の研究の相互扶助、国内外の研究機関・研究者との交流、若手研究者の育成などを目的としている。その目的に沿って、2018年度は次のような活動を行った。
①7月25日、第7回国際フォーラム「越境する人文知」
早稲田大学を訪れている研究者・留学生が、早稲田大学における研究成果を報告し、討論するフォーラムを毎年夏と冬の2回開催している。夏の報告会では10名が発表を行った。
②10月19日、中国から上海大学教授・王暁明氏、中国社会科学院研究員・賀照田氏を迎えて、若手研究者育成のためのシンポジウム「21世紀新世代の中国研究」を開催し、本学から大学院生5名が参加した。
③10月20日21日、日本現代中国学会第68回全国学術大会を、同学会と共催で早稲田大学で開催し、のべ約250名が参加した。
④11月3日、4校工作坊「東亜最新文化現象与文化研究趨勢」
早稲田大学、上海大学、南開大学、関西大学の4校で、毎年、大学院生の国際シンポジウムを共同開催している。今年度は南開大学で開催し、本学から3名の大学院生が参加した。
⑤1月23日、第8回国際フォーラム「越境する人文知」
冬の報告会を開催し、3名が発表を行った。

【2016年度】
 2016年度も、研究所の基本方針に従い、学内研究者の研究の相互扶助、国内外の研究機関・研究者との交流、若手研究者の育成などを中心に活動を行った。主な活動は下記のとおりである。
7月27日および12月7日に第3・4回国際フォーラム「越境する人文知」を開催した。早稲田大学で訪問研究を行っている研究者・大学院生が学術報告を行い、相互に討論するシンポジウムを半年に一度開催しており、その第3回第4回に当たる。第3回は中国・アメリカ・フランスの10名の研究者が、第4回は中国、フランスからの研究者5名が発表を行った。(文学学術院総合人文科学研究センター研究部門「東アジアの人文知」との共催)
11月2〜3日に「第二期“中国与日本:当代文化的跨境与交流”学术工作坊」を南開大学で開催した。毎年、上海大学・南開大学と共同で大学院生の国際シンポジウムを開催しており、各院生が学術報告・司会・コメントを担当している。今年は院生3名が参加し千野が総評を行った。(文学研究科中国語中国文学コースとの共催)
2017年3月18〜19日国際シンポジウム「新世紀:越境する東アジアの文化を問う—カルチュラルスタディーズ・文学・サブカルチャー・そして人々の心—」を開催した。中国・韓国・オーストラリア・日本から研究者・作家計7名を招いて、今日の新たな文化状況を捉えるためにどのような試みがなされ、それがどのような課題を抱え、今後どのような道があり得るかについて、報告と討論、座談会を行った。(私立大学戦略的研究基盤形成事業第2グループ「ポストコロニアル時代の人文学、その再構築―21世紀の展開に向けて」との共催)

所長

千野 拓政[せんの たくまさ](文学学術院教授)

メンバー

【研究所員】
千野 拓政(文学学術院教授)
斉藤 泰治(政治経済学術院教授)
門田 康宏(法学学術院准教授)
楊 達(文学学術院教授)

【招聘研究員】
呉 念聖(早稲田大学法学部非常勤講師)
陸 偉栄(早稲田大学非常勤講師)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる