Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

アクティヴ・エイジング研究所
Institute of Advanced Active Aging Research

研究テーマ

アクティヴ・エイジングを支える先端理工学・スポーツ科学の融合研究

研究概要

 我が国の急速な超高齢社会に備えて、多くの人々が高齢になっても健康を保持し、活力のある生活を送ることができる“健康寿命”をより延伸するような“アクティヴ・エイジング”社会の構築は、喫緊の重要課題である。そこで重点領域「超高齢社会におけるパラダイムシフト」の研究において、スポーツ科学(S)、ロボット工学(R)、生命科学(T)の3グループが、従来の研究成果を踏まえ先端理工学(RとT)とスポーツ科学(S)の融合研究を計画し発展させてきた。

主な成果は以下の通りである。
①S:WASEDA’S Health Study(WHS)を立ち上げ20年間にわたるコホート研究を推進している。この間、そのベースラインデータ蓄積を進めており、並行して中高年男女の健康・体力に及ぼすライフスタイルの影響を遺伝子多型、若年期、成人期におけるスポーツ経験、健康リスク(肥満、メタボリックシンドローム、サルコペニアなど)、体力指標(心肺体力、筋力など)、身体活動状況(座りすぎなど)、そして食生活状況と関連させ横断的解析を行ってきた。その結果、中高年男性では、健康的な日本食として特徴づけられる食事パターンのスコアが低いと内臓脂肪蓄積型肥満になりやすいことが明らかとなり、学術論文を投稿中(Nutrition,2017)である。
②SとT:WHSで得られたデータは、Tグループと連携して、時計遺伝子の解析を含め、
時間栄養学的・運動学的視点からデータ解析を進め、いくつかの有用な研究成果を発信した。
③TとR:ナノシート状ひずみセンサを開発した(Appl.Phys.Express)。
④TとR:柔軟な回路基材を用いた皮膚型エレクトロニクスを開発した
 (J.Master.Chem.C)。
⑤RとS:運動計測時の被験者の代わりとなる人間型ロボットを開発中である。
⑥S・T・R:上記③④で開発してきた柔軟な回路基材を用いた皮膚型エレクトロニクスを
装着し、運動下での筋電位計測の研究をスタートさせた。
 
 今後は、上記の成果を踏まえて、さらにそれぞれの融合研究を発展させていく。
 

所長

樋口 満[ひぐち みつる](スポーツ科学学術院教授)

メンバー

【顧問】
中島 一郎

【研究所員】
岩田 浩康(理工学術院教授)
岡 浩一朗(スポーツ科学学術院教授)
彼末 一之(スポーツ科学学術院教授)
川上 泰雄(スポーツ科学学術院教授)
坂本 静男(スポーツ科学学術院教授)
柴田 重信(理工学術院教授)
菅野 重樹(理工学術院教授)
鈴木 克彦(スポーツ科学学術院教授)
高西 淳夫(理工学術院教授)
武岡 真司(理工学術院教授)
樋口 満(スポーツ科学学術院教授)
藤本 浩志(人間科学学術院教授)
村岡 功(スポーツ科学学術院教授)

【招聘研究員】
小林 洋(大阪大学大学院 基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 准教授)

連絡先

【所長連絡先】
学内便送付先 :スポーツ科学学術院 樋口満      
E-mail : mhiguchi@waseda.jp

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる