Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

消費者行動研究所
Research Center of Consumer Behavior

研究テーマ

状況要因と選択目標を考慮した消費者選択行動の研究

分野:科学

研究概要

消費者が意思決定あたって用いる選択の基準あるいは選択方略(選択ヒューリティックス)が、状況要因と選択目標によって影響されることは、これまで種々の理論仮説から説明が試みられてきた。しかし、それらの理論間の比較及び関連付けの研究は十分になされているわけではない。本研究ではこうした点を踏まえ、消費者の選択に際しての状況的要因が選択目標を規定し、選択目標が用いる選択方略を規定するとの基本枠組みから先行研究のレビューとメタ分析を行い、概念的整序を進める。要因間の統計的構造分析だけでなく、プロセス跡付け法のような微視的な経験的研究を通して、消費者の用いる選択方略についての諸理論の関連付けと体系化及び精緻化を行うことを目的とする。

研究報告

【2013年度】
2013年度は科研費基盤研究B(研究課題『消費者選択行動の微視的研究』)468万円、 吉田秀雄記念事業財団研究助成(研究課題『消費者の解釈レベルによるマーケティング・コミュニケーション効果の相違に関する研究』)300万円を受けて、消費者行動研究所が2009年より進めてきている解釈レベル理論(Construal Level Theory)を中心とした理論展開と実証的研究を行いました。特に2013年度は行動経済学等の分野における選好の逆転現象を説明する諸理論と解釈レベル理論との関連に着目して、消費者行動論の理論的体系化を目指すと共に、解釈レベルの測定にあたって、測定の信頼性と妥当性を高めるための尺度の開発を重点テーマとしました。研究は幾つかの研究チームが並走する形で15回の定例研究会で報告・討議を経つつ進めるという形式をとっています。
2013年度の研究結果は日本消費者行動研究学会、日本マーケティング・サイエンス学会等の国内の学会での研究報告20件、North American Association for Consumer Research、European Association for Consumer Research、Society for Consumer Psychology等の国際学会での研究報告8件、そして査読付き学術雑誌論文1本、査読なし学術雑誌論文4本として発表しています。

所長

守口 剛[もりぐち たけし](商学学術院教授)

メンバー

【顧問】
阿部 周造(横浜国立大学名誉教授)

【研究所員】
恩藏 直人(商学学術院教授)
武井 寿(商学学術院教授)
竹村 和久(文学学術院教授)
守口 剛(商学学術院教授)

【招聘研究員】
外川 拓(千葉商科大学商経学部准教授)
濱田 俊也(株式会社フジテレビジョン)
阿部 誠(東京大学経済学研究科教授)
石井 裕明(成蹊大学経済学部准教授)
石田 大典(帝京大学経済学部講師)
奥瀬 喜之(専修大学商学部教授)
八島 明朗(専修大学商学部准教授)
井出野 尚(徳山大学経済学部准教授)
玉利 祐樹(静岡県立大学経営情報学部講師)
金子 充 (京都女子大学現代社会学部現代社会学科助教)

連絡先

moriguchi@waseda.jp

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる