Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

波動場・コミュニケーション科学研究所
Institute of Wave Field and Communication Science

研究テーマ

波動場とその中で生活する人間のコミュニケーションの理解に関する研究

分野:科学

研究概要

本研究所は、これまで継続的に行ってきた「波動コミュニケーション研究所」での研究成果を高度化、発展させ、快適なコミュニケーションの実現を目標として、音を中心とした波動場とその中で生活する人間のコミュニケーションの理解、さらに時間・空間および個々の人間と関わる条件/制約に関わらず円滑なやり取りができるコミュニケーションを支える技術の研究開発を進める。主要な研究内容は以下の通りである。

1.レーザドプラ振動計を用いた、あるいは回析・散乱現象、シュリーレン効果を利用した光学的手法による音情報取得に関する研究をこれまで進めてきたが、これらの研究からの知見を生かした試作実験を行う。特に、近年注目されている音源近傍や微小空間などの音場測定に適用し、そのような波動場の解析を行う。また、多彩な実音場で観測・評価を行いコミュニケーションの要素抽出への応用を目指す。

2.世界保健機構(WHO)等の調査から、高齢化の進行と高ストレス生活環境の拡大を主要因として難聴者の増加が予想とされている。全ての人にとって快適な音コミュニケーションの実現を目指し、コミュニケーションエイドの研究開発を行ない、新たな価値創出を目指す。

3.高速1bit信号処理・伝送・記録技術は、蝋管やSPレコード、オープンリール磁気テープのアーカイビングに実績を上げてきた。非破壊で記録フォーマットやアルゴリズムを推定して情報を読み取る言わば「ソフトウェア・デコーディング」の研究を進め、オリジナル再生機器に頼らないアーカイビング手法を確立する。

こうした研究開発を社会において実用化させるための技術経営戦略的検討も行う。

研究報告

【2017年度】
 2017年度も、我々を取り囲んでいる音波動場とその中で行っている音コミュニケーションの理解と、その知識に基づく応用を目指し、偏光高速度カメラを用いた音と流れの同時計測、AR技術を用いた音場情報呈示、高速1bit信号処理とハイレゾリューションオーディオ、補聴システムに導入する残響抑圧処理等に関する研究を行った。研究成果に関する主な発表は以下の通りである。

学術論文
[1] Kohei Yatabe, Kenji Ishikawa, Yasuhiro Oikawa, “Acousto-optic back-projection: Physical-model-based sound field reconstruction from optical projections,” Journal Sound and Vibration, Vol.394, No.28, pp.171-184, April.2017.
[2] Kenji Ishikawa, Risako Tanigawa, Kohei Yatabe, Yasuhiro Oikawa, Takashi Onuma, and Hayato Niwa, “Simultaneous imaging of flow and sound using high-speed parallel phase-shifting interferometry,” Optics Letters, Vol.43, No.5, pp.991-994, Mar.2018.
など

研究会開催
第15回1ビット研究会, 2017年6月21日
第16回1ビット研究会, 2017年12月7日

【2016年度】
2016年度は、我々を取り囲んでいる音波動場とその中で行っている音コミュニケーションの理解と、その知識に基づく応用を目指し、光学的音響計測技術の高度化、AR技術を用いた音響インテンシティ可視化、高速1bit信号処理を用いた大規模音場創生システム、補聴システムにおける音響信号処理等に関する研究を行った。研究成果に関する主な発表は以下の通りである。

学術論文
[1] Kohei Yatabe, Kenji Ishikawa, Yasuhiro Oikawa, “Simple, flexible and accurate phase retrieval method for generalized phase-shifting interferometry,” Journal of the Optical Society of America A, vol.34, no.1, pp.87-96, 2017.1.
[2] Kenji Ishikawa, Kohei Yatabe, Nachanant Chitanont, Yusuke Ikeda, Yasuhiro Oikawa, Takashi Onuma, Hayato Niwa, and Minoru Yoshii, “High-speed imaging of sound using parallel phase-shifting interferometry,” Optics Express, Vol.24, No.12, pp.12922-12932, 2016.6.
など

研究会開催
第13回1ビット研究会, 2016年6月22日
第14回1ビット研究会, 2016年12月7日

所長

及川 靖広[おいかわ やすひろ](理工学術院教授)

メンバー

【顧問】
山﨑 芳男(早稲田大学名誉教授)

【研究所員】
及川 靖広(理工学術院教授)
大谷 淳(理工学術院教授)
小川 哲司(理工学術院准教授)
菊池 英明(人間科学学術院教授)
小林 哲則(理工学術院教授)
森本 豊富(人間科学学術院教授)
矢田部 浩平(理工学術院講師(任期付))

【研究員】
小野 隆彦(客員上級研究員(研究院客員教授))

【招聘研究員】
藤森 潤一(早稲田大学非常勤講師)

連絡先

yoikawa@waseda.jp

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる