Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

オペラ/音楽劇研究所;10月研究例会のご案内(第183回オペラ研究会)のお知らせ(10/5)

Information of Monthly Regular Meeting October 2019 (The 183rd Meeting of Opera Research Group)
Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organisation, Waseda University

2019年度10月研究例会(第183回オペラ研究会)のご案内

  • 日時 / Date:10月5日(土) /  October 5th (Sat.)16:30-18:40
  • 会場 / Venue:早稲田大学早稲田キャンパス / Waseda University, Waseda Campus
    ※会場は9月27日以降に決定次第通知(Room: T.B.D.)
    ※キャンパスマップ/ Campus Map: https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
  • 会費:無料
  • 参加申込み:どなたでもご参加いただけます。

オペラ/音楽劇のキーワーズ / Keywords for Opera and Music Theatre

  • 報告者1 / Speaker 1: 荻野 静男 / OGINO, Shizuo (16:30 ~ 17:30)
  • 題目 / Title: ラインハルト・カイザーの《高慢な、転落し、再び高位に返り咲いたクロイソス》 / “Der hochmütige, gestürzte, und wieder erhabene Croesus by Reinhard Keiser”
  • 言語 / Language:日本語/ Japanese
  • 概要 / Abstract:
    主に次のトピックについて考察し、本オペラの諸相を吟味する:帝国自由都市ハンブルク/啓蒙主義/オペラと都市市民層/プロテスタント教会との確執/クロイソスの形姿/リブレット、音楽、舞踊
    This project considers the opera Der hochmütige, gestürzte, und wieder erhabene Croesus (The Proud, Overthrown and Again Exalted Croesus) and examines some relevant aspects including the Freie Reichsstadt Hamburg, the Enlightenment , opera and citizens of the city, conflicts with Protestant Church, the figure of Croesus, and finally the opera’s libretto, music, and its dance elements.
  • 報告者プロフィール / Profile of Speaker:
    早稲田大学政治経済学部教授、オペラ/音楽劇研究所長。芸術学、ドイツ語圏文化の研究。共著『キーワードで読むオペラ/音楽劇研究ハンドブック』(2017)、論文『イングマール・ベルイマンによる《魔笛》の映画化』(2015)、翻訳『アンドレア・ゴットダン著「ヴァーグナーとその時代の造形芸術」』(2019)等
    Professor, Faculty of Political Science and Economics and Director, Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre. Special research fields: Science of Art, German Studies. Ogino is the author of “Ingmar Bergmans Verfilmung der Zauberflöte” (research paper, 2015), translator of “Wagner und die bildende Kunst seiner Zeit” by Andrea Gottdang (Japanese translation, 2019) and coauthor of “Handbook for Opera and Music Theater Studies-Reading Keywords” (2017).
  • 報告者2 / Speaker 2:山本 まり子 / YAMAMOTO, Mariko  (17:40 ~ 18:40)
  • 題目 / Title: メルヒェンオペラ / Märchenoper
  • 言語 / Language:日本語 / Japanese
  • 概要 / Abstract:
    「メルヒェンオペラ」の様相を、以下の文学的・音楽的諸観点から検討する。語義/音楽史上の位置づけ/成立の背景と変遷/対象とされた口承・書承文芸の特徴/音楽作品としての特徴/代表的作品群。
    This project examines “Märchenoper” (fairy-tale opera) from the following literary and musical viewpoints. First, the presenter defines the term and explains its position in music history. Then historical background and the development of the genre is provided. The presenter explains features of the texts in the relevant oral and written literatures. Finally, musical features of the genre and representative works are discussed.
  • 報告者プロフィール / Profile of Speaker:
    聖徳大学音楽学部教授、早稲田大学オペラ/音楽劇研究所招聘研究員、日本声楽家協会理事。博士(人文科学)〔お茶の水女子大学〕。マーラーを中心にドイツ語圏の声楽作品とその周辺を研究。共著書に『超域する異界』『ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性』など。
    PhD (musicology) / Professor, Faculty of Music, Seitoku University / Adjunct researcher at the Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre / Trustee of Japan Vocalists Forum. Yamamoto’s research focuses especially on the works of Gustav Mahler and his contemporaries. She has collaborated on books such as Exporing “Ikai (Otherworld)” (2013) and Die Dramatizität in den Bünenwerken Richard Wagners (2014).

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所Waseda Institute for Research in Opera and Music Theatre (WIROM), Comprehensive Research Organisation, Waseda University: http://www.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: [email protected]
※研究例会の情報は、後刻 Facebookと Twitterにも掲載されますので、そちらでもご確認いただけます。
This information will be sent later by Facebook and Twitter, and you can see it in them, too.

Dates
  • 1005

    SAT
    2019

Tags
Posted

Mon, 02 Sep 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる