Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

オペラ/音楽劇研究所;7月研究例会のご案内(第182回オペラ研究会)のお知らせ(7/20)

Institute for Research in Opera and Music Theatre
Comprehensive Research Organisation, Waseda University
Information of Monthly Regular Meeting July 2019 (The 182th Meeting of Opera Research Group)

2019年度7月研究例会(第182回オペラ研究会)のご案内

  • Date / 日時: July 20th (Sa)  /  7月20日(土) 16:30-18:00
  • Venue / 会場: The 710th Room of the 3rd Building, Waseda University, Waseda Campus
    早稲田大学早稲田キャンパス3号館710教室
    ※Campus Map / キャンパスマップhttps://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
  • Speaker / 発表者: Eberhard Scheiffele (Professor em., Waseda University)  /エーバーハルト・シャイフェレ (早稲田大学名誉教授)
  • Title / 題目: Franz Werfels Roman Verdi. Roman der Oper (1924), ein Monument der ‚Verdi- Renaissance’der 1920er Jahre / フランツ・ヴェルフェルによる小説『ヴェルディ―オペラの小説』(1924)―1920年代の‘ヴェルディ・ルネサンス’の記念碑
  • Language / 言語:German / ドイツ語
    The Japanese translation of this presentation’s text will be handed out at this meeting. / 当日会場にて本発表テキストの和訳を配布予定。
  • 会費:無料
  • 参加申込み:どなたでもご参加いただけます。

Abstract / 概要:

Dieser Roman ist gewöhnlich Gegenstand sowohl der Verdi‒ als auch der Werfel‒Forschung. Freilich werden ihm als literarischem Werk in seiner Ganzheit beide Blickrichtungen nicht gerecht. Es lässt sich ja auch als ‚indirekter‘ Wagner-Roman lesen oder als ein Werk über die Geschichte der Oper seit Monteverdi, worauf bereits der Untertitel „Roman der Oper“ aufmerksam macht. Auch steht es in der Reihe großer deutscher Venedig‒Literatur (Goethe, Schiller, Platen, Rilke, Hofmannsthal, Th. Mann).

Hingegen gehe ich bei meinem Vortrag direkt von dem Werk aus, Werfels Fiktion von dem Besuch des Komponisten in Venedig 1883, in dem Jahr, als Richard Wagner sich tatsächlich dort aufgehalten hat. Verdis Ziel während dieses Aufenthalts ist die Verwirklichung seines alten Plans einer Oper nach Shakespeares König Lear, um seine bereits 10 Jahre andauernde Schaffenskrise zu überwinden, Erst allmählich wird ihm die eigentliche Motivation für die Wahl seines freiwilligen Asyls bewusst: Er möchte Wagner begegnen. Doch regelmäßig kommt etwas dazwischen. Mit seiner Arbeit am Lear  kommt er nicht weiter. Er fürchtet, immer nur Formen seiner Erfolgsopern zu wiederholen, zurückzubleiben hinter dem Tristan‒Komponisten, dessen Kunst damals auch in Italien als die progressivere galt. In einem Akt der Verzweiflung verbrennt er sämtliche Lear‒Entwürfe. Nun fühlt er sich unbefangen genug, den ‚Rivalen’zu besuchen. Da erfährt er an der Pforte des Palazzo Vendramin, dessen damaligen Wohnsitzes, der „Meister“ sei soeben verschieden. In echter Trauer ‒ nach der Vernichtung der Lear‒Partitur hat er Wagner als „Kameraden“ geschätzt, gar als „Freund“ ‒ verlässt er Venedig, bereit zur Arbeit an dem großen Alterswerk Otello.

  Wie konnte dieses literarische Werk ein Fanal jener musikalischen ‚Renaissance‘ werden, die sich damals ‒ zumindest im deutschen Sprachgebiet ‒ abgespielt hat? Einige Aspekte dieser Fragestellung kann ich hier nur kurz erläutern. (Eine ausführlichere Darstellung bleibt meinem Beitrag für unsere Zeitschrift vorbehalten). Es dreht sich dabei z. B. um die folgenden Themen und Aspekte‒ : um die von Verdi erneuerte Eigenart der vor allem durch den bel canto bestimmten italienischen Oper; die Dichotomie Oper (Verdi)⁄ (Musik)drama (Wagner), um den Stellenwert von Verdis Schaffen in der Geschichte der Oper, unterschiedliche Konzepte vom künstlerischen Genie sowie den nationalen NordSüd–Gegensatz in der Kultur Europas im 19. Jahrhundert.

この小説は通常ヴェルフェルならびにヴェルディ研究の対象である。しかしながら文学作品としてこれをその全体性においてとらえるとすれば、双方の視線の方向は正しい評価をすることはできない。なぜならそれは‘間接的な’ヴァーグナー小説とも読めるし、あるいはモンテヴェルディ以来のオペラ史に関する作品とも読めるからである。そのことはすでに「オペラの小説」というサブタイトルによって、注意喚起を促されているからである。それはまたドイツのヴェネツィアについての大小説(ゲーテ、シラー、プラーテン、リルケ、ホーフマンスタール、トーマス・マン)にも連なるものである。

これに対し、私はこの作品に直接当たることから発表を始める。本作は1883年ヴェネツィアに作曲家を訪問するというヴェルフェルのフィクションであるが、実際にその年リヒャルト・ヴァーグナーはそこに滞在していた。ヴェルディのこの滞在中の目標は、シェイクスピアの『リア王』によるその古いオペラ計画を実現することであったが、それはすでに10年来継続していたその創造上の危機を克服するためである。ようやく次第に彼は、みずからの自発的避難所選択の本来の動機を意識するようになる―彼はヴァーグナーに出会いたいのである。だが規則的に何か別の用事が出会いまでに入ってくる。《リア王》の仕事は進捗しない。彼は成功を勝ちえた自分のオペラの形式を常に繰り返すのみで、当時イタリアにおいてもその藝術が最も進歩的だと考えられていた《トリスタン》の作曲家の後塵を拝することを恐れた。絶望的行動として彼は《リア王》の構想楽譜すべてを焼き払う。今や彼はこだわることなく‘ライバル’訪問をできると感じる。そのとき彼は、その頃居住していたヴェンドラミン広場の門のところで、「巨匠」がたった今逝去されたという報せを受けるのである。まことの悲しみのなか―《リア王》の総譜の廃棄後、彼はヴァーグナーを「仲間」と、いやそれどころか「友人」とすら評価していた―彼はヴェネツィアを去るのだが、老年期の偉大なる作品《オテロ》に取り組む心構えはできていた。

この文学作品が、当時―少なくともドイツ語圏において―展開したかの音楽‘ルネサンス’の開始を告げるのろしに、いかにしてなりえたのか? この問いを立てるいくつかの観点を私は本発表においては手短に説明できるのみである(詳細な叙述は本研究所の雑誌への私の投稿まで保留される)。たとえばそれは、次のテーマや観点をめぐる問題である―とりわけベルカントによって定義づけられるイタリア・オペラのヴェルディによる革新の独自性、オペラ(ヴェルディ)/(音楽)劇(ヴァーグナー)という二分法、オペラ史におけるヴェルディの創作の価値、藝術的天才の異なるコンセプト、ならびに19世紀におけるヨーロッパ文化の国民的南北対立というものである。

Profile of Speaker / 発表者プロフィール:

Dr. Phil., Prof. em. der Universität Waseda
Fächer: Germanistik, Philosophie
FachgebieteSchwerpunkte der Forschung
‒ Goethezeit; Heine, Büchner, Lyrik des Berliner Expressionismus, Romane von Th. Mann; deutschsprachige Gegenwartsliteratur; interkulturelle Litera- turtheorie.
‒ Philosophische Anthropologie, Kants Geschichtsphilosopie, Schillers Ästhe- tik; Nietzsches kritische Hermeneutik; Interkulturelle Hermeneutik.

早稲田大学名誉教授(Dr.Phil.)
専門領域:ドイツ語・ドイツ文学、哲学
専門分野/重点研究:
―ゲーテ時代; ハイネ、ビューヒナー、ベルリン表現主義抒情詩、トーマス・マンの小説;現代ドイツ語文学、インターカルチャーの文学理論
―哲学的人間学、カントの歴史哲学、シラーの美学、ニーチェの批判的解釈学;インターカルチャーの解釈学

Institute for Research in Opera and Music Theatre, Comprehensive Research Organisation, Waseda University / 早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所: http://www.waseda.jp/prj-opera-mt/

e-mail address: [email protected]
※研究例会の情報は、後刻 Facebookと Twitterにも掲載されますので、そちらでもご確認いただけます。

Dates
  • 0720

    SAT
    2019

Place

早稲田大学 早稲田キャンパス3号館710教室

Tags
Posted

Thu, 20 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる