Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

オペラ/音楽劇研究所;2月研究例会のご案内(第178回オペラ研究会)のお知らせ(2/2)

2018年度2月研究例会(第178回オペラ研究会)

  • 日時:2018年2月2日(土)16時30分-18時00分
  • 会場:早稲田大学3号館701教室
    ※キャンパスマップ:https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
  • 内容:研究発表
  • 発表者:加藤 恵哉 氏
  • 題目:ワーグナー『ニーベルングの指環』における為政者像の変遷
  • 会費:無料
  • 参加申込み:どなたでもご参加いただけます。

概要

リヒャルト・ワーグナーの『ニーベルングの指環』に登場する神々の長ヴォータンが、契約で定められた労働の代価を不正に得た金品で支払う、自分で定めた掟に囚われ自由に行動できないなどの近代社会における為政者(Herrscher)の負の面を批判的に描き出していることはたびたび指摘される。ここで興味深いのは、ヴォータンは当初からそのように批判的な描かれ方をされていたわけではないという点である。当初の散文稿ではヴォータンはあくまでも世界の理想的な統治者であり、犯してしまった不正も英雄ジークフリートの犠牲により帳消しになっていた。改稿により、ヴォータンは世界を統治すべき為政者から、不正を暴き出され没落する者へ変化したのである。

本発表ではまず、当初の構想と改稿後の完成稿、それぞれのヴォータンがどのような意図で上述のような描かれ方になったのか、またどのような段階を経てこの変化が起こったかに着目する。その上で、生涯を通じて社会に対して批判的な視線を向けていたワーグナーがどのような背景の下で、社会批判の集大成ともいえる『指環』を完成させたか、その中で為政者とその支配体制がどのように表現されているかを明らかにする。

発表者プロフィール

上智大学大学院文学研究科博士後期課程(ドイツ文学)満期退学。現在博士論文を執筆中。専門は、近現代ドイツ文化研究(文学・音楽)。主要論文に、「ワーグナー『恋愛禁制』における社会批判――ハインゼ『アルディンゲロと幸福な島々』への共感と「ピューリタン的偽善」への反感」(『上智ヨーロッパ研究』第9号、2016年)。現在、東海大学非常勤講師。早稲田大学オペラ/音楽劇研究所招聘研究員。

【問い合わせ】
早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所 ウェブサイト:
http://www.waseda.jp/prj-opera-mt/index.html

Dates
  • 0202

    FRI
    2018

Place

早稲田大学3号館701教室

Tags
Posted

Mon, 21 Jan 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる