Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

韓国学研究所;国際シンポジウム「朝鮮半島の核危機―対話による解決は可能か」のご案内(3/31)

「朝鮮半島の核危機ー対話による解決は可能か」

趣旨

昨年11月の〈緊急シンポジウム〉「米朝核危機と日本―平和的解決を求めて」に続き、対話による核危機の解決を多面的に議論し、模索する場として、第2回国際シンポジウムを開催します。昨年は米朝の対立が激化し、軍事的衝突さえ危惧される状況の中で開かれました。その後、北朝鮮の姿勢にも変化が見られ、平昌冬季オリンピックへの参加を契機に南北対話が始まりました。米国のトランプ大統領も南北対話が米朝対話につながる可能性に言及しています。

しかし、依然として非核化をめぐる北朝鮮と国際社会の溝は深く、今後の展望は不透明です。今回は、文在寅大統領の統一外交安保特別補佐官を務める文正仁先生を基調講演者に、また日韓の北朝鮮専門家の方々をお招きし、平和的解決を模索する韓国政府の政策をはじめ、現在の状況を分析するとともに、日本外交の課題について考える機会にしたいと思います。

開催概要

  • 日時:2018 年3 月31 日(土) 13:00(開場12:30~)~17:45
  • 会場:早稲田大学国際会議場井深大記念ホール(中央図書館)
  • 主催:早稲田大学韓国学研究所/東京大学韓国学研究センター/岩波書店
  • 後援:庭野平和財団/日本国際ボランティアセンター(JVC)
  • 言語:日韓同時通訳
  • 参加:無料/事前申込
    ※当日受付可能ですが、予約の方が優先入場となります。
    予約フォーム:https://form.os7.biz/f/622665cf/
  • プログラム
    13:00~13:10 開会あいさつ:岡本厚(岩波書店社長)
    全体司会: 金敬黙(早稲田大学教授)
    13:10~13:30 祝辞:李洙勲(韓国駐日大使)
    13:30~15:00  基調講演:文正仁(韓国大統領特別補佐官、延世大学名誉特任教授)
    「戦争の危機から平和へ―文在寅政府の対北朝鮮政策」
    15:00~15:15   休憩
    15:15~17:45   パネルディスカッション
    司会:李鍾元(早稲田大学教授、同韓国学研究所長)
    討論:小此木政夫(慶応義塾大学名誉教授)
    金錬鐵(インジェ大学教授)
    平井久志(共同通信客員論説委員)
    井上智太郎(共同通信外信部次長)
    青山瑠妙(早稲田大学教授)
  • 基調講演者略歴
    文正仁(ムン・ジョンイン)1951年生まれ。現在、文在寅大統領の統一外交安保特別補佐官、延世大学名誉特任教授。他に、韓国東アジア財団発行の英文季刊誌「Global Asia」編集人、アジア太平洋非核化および核拡散防止指導者ネットワーク(APLN)共同議長などを務める。米国のケンタッキー大学准教授などを経て、延世大学で国際政治を講義し、2016年に定年退職。盧武鉉政権期に大統領諮問機関である東北アジア時代委員長などを歴任、2000年と2007年など2回の南北首脳会談には特別随行員として参加した。韓国語や英語などで60冊を超える単著や300編の論文を発表し、学術的な貢献でも知られる。韓国平和学会会長、米国国際政治学会(ISA)副会長、金大中大統領図書館長、韓半島平和フォーラム共同代表などを歴任。
  • 問い合わせ先:日本生命財団・ニッセイ財団ワークショップ事務局
    ①岩波書店: event@iwanami.co.jp
    ②早稲田大学韓国学研究所: wiks@list.waseda.jp
    ③東京大学韓国学研究センター: cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp
Dates
  • 0331

    SAT
    2018

Place

早稲田大学国際会議場井深大記念ホール(中央図書館)

Tags
Posted

Mon, 05 Mar 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる