Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

レジリエンス研究所;第7回原子力政策・福島復興シンポジウム開催のご案内(3/7)

第7 回原子力政策・福島復興シンポジウム
「東日本大震災と福島原発事故から7年〜原子力政策と福島復興の今後のあり方を考える〜」

シンポジウムの目的

東日本大震災・福島原発事故から2018年3 月11 日で7年を迎えます。早稲田大学は、2011 年5 月に東日本大震災復興研究拠点を設立し、早稲田大学の知的共同体としての叡智を結集し、被災地復興に貢献すべく研究を行ってまいりました。
本シンポジウムでは、「フクシマの教訓」をふまえた今後の原子力政策のあり方について、特にバックエンド問題(高レベル放射性廃棄物の地層処分問題)に焦点を当てて議論します。また、東日本大震災・福島原発事故からの復興に取り組む福島県の状況と今後の課題について、福島浜通り地域からの参加者とシンポジウム参加者を交えて議論したいと考えています。

開催概要

  • 日時:2018年3 月7 日(水) 13:00〜17:00(受付開始:12:30)
  • 会場:早稲田大学早稲田キャンパス19 号館(早稲田大学西早稲田ビル)7 階・710 教室
    http://web.waseda.jp/gsaps/access/
  • 講師:松岡俊二(早稲田大学)、竹内真司(日本大学)、遠藤智(福島県広野町・町長)、森口祐一(東京大学)ほか
  • 定員:60名(先着順)
  • 対象:学生、教職員、一般
  • 参加費:無料
  • 主催:早稲田大学レジリエンス研究所
    http://www.waseda.jp/prj-matsuoka311/material/nuksympo2018.pdf
  • 共催:早稲田大学レジリエンス研究所(早稲田大学バックエンド問題研究会)
  • 後援:早稲田大学アジア太平洋研究センター、早稲田大学総合研究機構
    ※本シンポジウムは早稲田大学総合研究機構からの助成を受け開催します。
  • 申込・問い合わせ先:メールにてお申込み、お問い合わせ下さい。
    【宛先】 jyuten-fukkou※list.waseda.jp(※を@(半角)にして送信ください)
    【件名】シンポジウム申込
    【内容】 1.氏名(フリガナ) 2.ご所属 3.メールアドレス

プログラム

こちらのご案内よりご確認ください。

 

Dates
  • 0307

    WED
    2018

Place

早稲田大学早稲田キャンパス19 号館(早稲田大学西早稲田ビル)7 階・710 教室

Tags
Posted

Tue, 13 Feb 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる