Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

教師教育研究所;早稲田大学教師教育研究フォーラムのご案内(5/6)

教育の今を問う 新しい指導要領がめざす教師とは
―挑戦するワセダはこう育てるー

趣 旨

教育の課題が山積しています。いじめ、貧困、格差、虐待あるいは体罰による自死など子どもに関する辛いニュースが後を絶ちません。一方、教員の過重労働はいっこうに解消されない現実があります。そんな中で2017年4月以降に新しい指導要領が改訂され2020年から順次実施されます。
今回のフォーラムは今後に期待される(中等)教員像、すなわち新 学習指導要領でめざす「資質・能力」を育成する学習活動(主体的に、対話的に、深く学ぶ)を指導・支援できる教員どう育てるか」について考えます。文部科学省からの講演を受けて早稲田大学ではどのような教師を育てていくのか教員養成を担当している先生から発言を受けて考えます。

日 程

第1部 記念講演 長尾 篤志氏(文部科学省初等中等教育局視学官)

「今後に期待される(中等)教員像、すなわち新学習指導要領でめざす「資質・能力」を育成する学習活動(主体的に、対話的に深く学ぶ)を指導・支援できる教員について」

第2部 シンポジウム 「挑戦するワセダはこう育てる」

・教職支援センターでは・・三尾忠男氏(早稲田大学)
・国語国文科では・・福家俊幸氏(早稲田大学)
・高校の現状をふまえて・・菊池栄治氏(早稲田大学)
・特別活動では・・野口穂高氏(早稲田大学)

  • 日 時:2017年5月6日(土)14時から17時30分
  • 会 場:早稲田大学国際会議場第三会議室(地下鉄東西線早稲田駅下車 徒歩10分)
  • 参加者:学生 市民 研究者
  • 入場料:無料(先着60名)
  • 主 催:早稲田大学教師教育研究所
  • 共 催:早稲田大学大学総合研究機構
  • 問い合わせ先:安達昇(運営委員)
    早稲田大学教師教育研究所
    n.adachi@kurenai.waseda.jp
Dates
  • 0506

    SAT
    2017

Place

国際会議場第三会議室

Tags
Posted

Tue, 11 Apr 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる