Career Center早稲田大学 キャリアセンター

Internship Desk

インターンシップデスク

Official Program WIN

公認プログラムWIN

キャリアデザインとしてのインターンシップ

松居 辰則 教授(人間科学学術院)

インターンシップに参加することは、就職に関する方向性を検討し自身の考えや特徴とのマッチングを確認する上で有益です。そしてさらに、自分自身の将来計画(人生設計)を真剣に考える機会としても重要です。つまり、インターンシップに参加して「キャリアデザイン」の意味を考え、実践することが重要なのです。

「働くとは何か?」、「何のために働くのか?」、「それは自分の人生設計の中でどのような意味をもつのか?」について体験を通して真剣に考えるということです。

そのためには、「キャリアデザイン」に関する授業や演習で習得した知識や技術【理論知】を、社会の中での実践(実働期間の比較的長いインターンシップへの参加)を通してより深いもの【実践知】として獲得し、それを再び自分の中で理論化(一般化)すること、つまり理論知と実践知の循環を自分の中で構築することが大切です。

公認プログラムWIN(Waseda INternship)は、「キャリアデザインとしてのインターンシップ」の機会を提供するプログラムです。WINは大学からの推薦が必要な業種や、個人での応募が難しい職種での就業が可能で、単位修得の対象となるプログラムです。特に、実働10日間以上の実習と実習に必要な知識・スキルを身に着ける事前学習、体験を振り返り将来のキャリアを考える事後学習を組み合わせることで自分のキャリアデザインを思考できるプログラムです。

また、WINに参加することによりGEC(グルーバル・エデュケーション・センター)の『実践型教育プログラム「キャリアデザイン」(「インターンシップの手引き」P.12参照)』の修了認定を受けるチャンスにもつながります。

公認プログラムWINの詳細は、「インターンシップの手引き」で確認してください。

公認プログラムWINの概要

コース 「行政」「国際協力」「マスメディア」「ビジネス」
対象 学部生・大学院生(低学年から対象のプログラムもあり。)
就業期間 実働10日間以上(夏季休暇期間中)
受入機関 今年度の受入機関は5月実施のコース別オリエンテーションⅠで発表します。
応募 MyWasedaからプレエントリー
選考 すべてのコースに書類選考、担当教員による面接選考があります。
各コースの指定された関連科目等を履修している方が優先、もしくは考慮されます。※誤植訂正インターンシップの手引きP25
ビジネスコースの履修推奨科目「大川ドリーム基金寄付講座グローバル・ベンチャー企業の創出と経営ー起業家の価値創造戦略」の開講学期は、秋学期ではなく春学期となります。お詫びして訂正いたします。
授業 土曜4・5限の事前・事後授業、各セミナー、報告会等への出席が必須(※ 授業等は春学期・秋学期に通年開講)
提出物 各種手続書類、課題の提出が必須
単位 秋学期各1単位(グローバルエデュケーションセンター「インターンシップ講義・実習(各コース名)」)
授業等への出席状況、各種提出課題、就業機関からの評価を各コースの担当教員が総合的に判断して成績評価を行います。
保険 加入必須。正課活動のため、早稲田大学学生補償制度が適用になります。
詳細は「保険」を確認してください。

 

行政コース

WIN行政コースの受入機関には、これまで早稲田大学の学生を継続して受け入れてくださっている全国各地の地方自治体やその管轄の公共機関があります。実習内容は日常的な業務から、与えられた課題の研究調査までさまざまです。地域の生活に密着した業務を体験することができるWIN行政コースは、公務員志望の方だけでなく、教育、文化、福祉、まちづくりなどの分野に関心がある方や、UターンやIターンを視野に入れている方にも適しています。

2019年度就業機関実績

順不同、就業機関は毎年異なります。

荒川区、板橋区、墨田区、世田谷区、豊島区、港区、志木市、本庄市、美濃加茂市、唐津市

担当教員 藤井浩司教授(政治経済学術院)からのメッセージ

公務員を取り巻く状況は決して安穏としたものではありません。超・少子高齢化の進行、AI、IoTなど劇的に進むイノベーション、グローバル化の進展といった社会変革のただなかで噴出する課題群。「ヒト、モノ、カネ、情報」、仕事を進めるうえで必要な資源ですが、慢性的な人手不足、施設・設備の老朽化、深刻な財政限界、デジタル化対応(DX)の立ち遅れなど、いずれの点でもきわめて厳しい資源制約のもと、さまざまな現在進行の課題解決に取り組むことが求められています。国であれ地方であれ公務員は社会起業家としての役割を担うことが期待されています。公共、公正、公平という観点から、国から地域にいたる社会全体の発展と安定に貢献する役割です。公務員が「全体の奉仕者」とされるゆえんがここにあります。公務員には、社会の隅々に目を届かせる視野、社会の多様性、ダイバーシティへの認識と理解が求められます。公務員の世界自体がダイバーシティを具現化した世界を指向しています。公務員の仕事はかつて「安定、継続、定型」というイメージと結びつけてとらえられがちでしたが、むしろ現状では、変化に富んだ、課題解決志向の非定型なジョブとみるのが正しい認識です。それゆえにこそ、ひとりひとりに、ジョブに対するヴィジョン(構想)、パッション(情熱)、ミッション(使命)、アクション(行動)が求められ期待されています。インターンシップを通して公務員世界を現場確認し、自身のキャリア認識を再確証してください。

国際協力コース

WIN国際協力コースの受入機関は、JICAの国内事務所、NPO、国際機関など多岐にわたります。多くの国際機関が、インターンシップ生の資格を大学院生に限る中で学部生も参加できるようにこのコースを設けています。国際協力に興味のある方、グローバルに活躍したい方などに適したコースです。

2019年度就業機関実績

順不同、就業機関は毎年異なります。

独立行政法人国際協力機構北海道センター(帯広)、特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会、公益財団法人国連大学協力会、特定非営利活動法人第3世界ショップ基金、特定非営利活動法人地球市民ACTかながわ/TPAK、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

担当教員 堀芳枝教授(社会科学総合学術院)からのメッセージ

今このページを開いている方は国際協力に関心があって、途上国のために何かしたい、NGOのスタッフとして現地に行ってみたい、難民支援をしたい、あるいは援助の政策に関わってみたい、と考えているのだと思います。その一方で、NGOで働くってどんなことだろうか。そして、どのようにキャリアを積み上げたら良いのだろうかと不安に思っている方も多いのではないでしょうか。このWINのインターンシップは、そうした学生さんの夢を実現するためのプログラムです。国際協力の関わり方は様々です。貧困、ジェンダー、平和構築、フェアトレードなど、分野が多様であるだけでなく、NGO、国際協力支援機構(JICA)、国際機関といったように、国際協力を実施する組織も様々です。また、現地で実際に活動するだけでなく、現地スタッフを支える仕事もあります。このインターンシップは、自分にはどのような国際協力の分野の仕事が向いているのかを知るきっかけになると思います。そして何よりも、実際に国際協力の現場で働いている方々と一緒に仕事をすることは、貴重な体験となると思います。このプログラムを通して、ぜひ早稲田から国際社会の平和を担う国際協力の現場にチャレンジしていって欲しいと思います。

マスメディアコース

WINマスメディアコースは、ジャーナリズムやメディアの世界に多くの人材を輩出してきた本学の伝統を生かしたコースです。

受入企業は新聞社(記者職)が中心で、大学の授業でジャーナリズムの基礎を学び、報道現場でより実践的な経験を積みたい方に適しています。毎年、参加者の多くが新聞をはじめとするメディア業界に就職しているのもこのコースの特徴です。

2019年度就業機関実績

順不同、就業機関は毎年異なります。

沖縄タイムス社、信濃毎日新聞社、中日新聞社、中日新聞社東京本社(東京新聞)、琉球新報社

担当教員 野中章弘教授(教育・総合科学学術院)からのメッセージ

みなさんの多くは大学を卒業すると仕事に就きますね。どんな基準で仕事を選ぶのでしょうか。自分に合った仕事、生きがいを感じられる仕事、収入の安定した仕事、チャレンジングな仕事・・・。自分の人生の時間を何に使えば悔いはないのでしょうか。

私自身は多少の逡巡はありましたけれども、大学を出るとき、迷わずフリーランスのジャーナリストの道を選びました。歴史的な出来事を自分の眼で目撃して、それを多くの人びとに伝える仕事はとてもエキサイティングなものに思えたからです。また、この仕事を始めてからは、社会に埋もれがちな声なき声に耳を傾け、その小さな声をみんなに届けることへのやりがい、ある種の「使命感」みたいなものも感じてきました。

おカネのことよりも、おカネに換えられない価値を生み出す仕事の方に強く惹かれていたのですね。その思いは今も変わりません。

いま情報の発信は新聞、テレビや出版といった伝統的なメディアから、ネットへと移りつつあります。それでも、ジャーナリズムの基本を学べるのは旧来のメディア、殊に新聞だと思います。インターンシップを通じて、ぜひジャーナリズムの基本とこの仕事の醍醐味や面白さを体験してほしいと願っています。

いま新聞やテレビなどのマスメディアは、時代の波に洗われ、厳しい自己変革を迫られています。その一方、民主主義を支えるジャーナリズムの役割はますます大切なものとなっています。

おカネに換算できない人生の価値を求める人たちにこそ、記者の仕事にチャレンジしてほしいと願っています。

ビジネスコース

WINビジネスコースの受入企業は、一般企業からベンチャー企業まで業種や規模もさまざまです。特にベンチャー企業は少数精鋭の組織のため、就業中は自身の取り組み次第で新規プロジェクトの立案を任されるなど、大企業ではできない経験ができる可能性が高くあります。「自分の力を試してみたい」という方の参加をお待ちしています。また、このコースは1年生からの参加も可能で、多くの受入企業が学年を問わず受入をしてくれています。

2019年度就業機関実績

順不同、就業機関は毎年異なります。

株式会社内田洋行、株式会社ソニックムーブ、株式会社ディア・ライフ、日本オーチス・エレベータ株式会社、パートナーオブスターズ株式会社、株式会社ライトアップ

担当教員 東出浩教教授(商学学術院)からのメッセージ

皆さんが、生き抜いていかなければいけない“これから”は、間違いなく不確実なものになるでしょう。予定通り物事が進まない、ということを前提に決断をしていかなくてはなりません。柔軟に対応できるようになることも大切ですが、同時に常に学び続けることが重要です。例えば、英語などの知識やスキルを身につけることにも取り組まなくてはなりません。しかし、それ以上に自分を磨くために大切なことは、共にプロジェクトに取り組む人たちが、良い‘影響’を与えながら結果を出していくというカルチャーのある組織に自分を置くことです。

WINビジネスコースでは、WINビジネスコースでは、大企業やベンチャー企業でのインターンシップなど、様々な種類の企業での経験をする機会が用意されています。自分の行ってみたいところを感じてみる。それも一つの選択です。また、大企業を希望はしていても、インターンでは一度ベンチャー企業を体験してみよう。それも良い選択です。ぜひ、この機会を利用して、自分自身が、どのような広義のリーダーシップ(人に大なり小なり影響を与えながら、そこからの結果を振り返ること)を目指しているのかを判断するための軸を作ってみてください。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる