Career Center早稲田大学 キャリアセンター

Internship Desk

インターンシップデスク

Partnership Programs

提携プログラム

キャリアセンターが学生と優良なプログラムの受入機関を仲介し、手続きを行うプログラムです。実習前後の指定セミナーの受講と組み合わせることでより高い就業成果が期待できます。キャリアセンターが仲介するため安心して就業でき、就業日数によっては単位修得も可能です。各プログラムとも年度により募集要項や実施時期が異なります。

詳細は「インターンシップの手引き」で確認するとともに、インターンシップデスクWebサイト「News」欄で最新の募集情報をチェックしてください。

提携プログラムの概要

プログラム 行政機関インターンシップ、ビジネス・マスメディアインターンシップ、OECD-WASEDAインターンシップ、早稲田大学 春季インターンシップ(低学年向け)、JETROインターンシップ、ATP(全日本テレビ番組製作社連盟)インターンシップ、発達障がい児支援インターンシップ、神奈川県経営者協会留学生インターンシップ、東京外国人雇用サービスセンターインターンシップ

※ 2018年度 提携プログラム募集状況

※ 2017年度 提携プログラム募集状況

対象

受入機関の募集条件による。低学年、大学院生が就業可能な機関もあります。

募集告知

受入機関による募集が開始次第、インターンシップデスクWebサイトの「News」欄で告知します。

応募方法

インターンシップデスクに応募書類を提出。

選考

プログラムにより異なります。

  1. 学内選考後受入機関による選考
  2. 受入機関による選考のみ

希望するプログラムに関連した科目の履修歴、活動等を考慮して選考を行う場合もあります。

指定セミナー

マナーセミナー・リスクマネジメントセミナー および フォローアップセミナーへの参加、またはCourse N@vi等での視聴とレポート提出が必須です。

提出課題

就業終了後、1週間以内に報告書を提出。

単位

実働15日間以上の就業により、単位修得の対象となります。就業開始1週間前までの申請が必要です。

詳細は、「単位修得」を確認してください。

保険

加入必須。正課活動のため、早稲田大学学生補償制度が適用になります。

詳細は「保険」を確認してください。

 

各書類の提出方法

  1. 書類フォーマットを提出書類ダウンロード「提携プログラム」からダウンロード。
  2. 提出書類のファイル名を「氏名(書類名・受入機関)」とする。
    例「早稲田太郎(報告書・外務省)」
  3. MyWaseda「学生生活」>「キャリア関連資料」>インターンシップデスク」>「提携プログラム参加者用書類提出フォーム」を選択。
  4. フォームを入力し、書類ファイルを送信。

【提携プログラム参加者用書類提出フォーム】
マナーセミナー・リスクマネジメントセミナーレポート提出フォーム
報告書提出フォーム
フォローアップセミナーレポート提出フォーム

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる