Admissions Center早稲田大学 入学センター

【先輩たちのキャリア選択】
猪俣 英希さん(スポーツ科学部卒)

ライバルは自分を高めてくれる存在
仲間と切磋琢磨した経験が仕事に活きている

t_inomata

エンジ色の襷をかけて箱根駅伝を走りたい

高校時代は陸上部で長距離に打ち込んでおり、大学ではエンジ色の襷をかけて箱根駅伝を走りたいという憧れを持っていました。しかし、いざ競走部に入部してみると、全国大会などを経験したライバルたちの走りにただ圧倒されるばかり。ひたすらに練習を続け、彼らと寮で寝食を共にしているうちに、メンバー争いに食い込めるだけの力が徐々についていきました。結果として箱根駅伝に出場できたのは4 年生の時だけでしたが、苦楽を共にした仲間と襷をつなぎ、優勝できた喜びは何ものにも代え難い財産です。

結果を出すためのプロセスをしっかりつくる

「日本代表になりたい。」これは就職活動の時に私の軸となった思いであり、日の丸を背負って仕事がしたいと心に決めて就職先を選びました。現在は国内外の船舶取引仲介が主な担当業務で、日本の技術の結晶である船を世界に送り出すためのお手伝いができることに誇りを感じています。商社で取り扱う事業の多くが予め先を読み、そのための準備や手立てを考えることが求められます。「結果を出すためのプロセスをしっかりつくる」という点では競技と共通するものがあり、学生時代の経験が今に活きています。

早稲田で学ぶこと=ライバルの存在を身近に感じること

勉強、スポーツ、仕事など何事においても、ライバルの存在は自分を高めてくれます。私自身、三菱商事という日本を代表する企業の“ 担当者=代表”としてお客様の前に立つために、日々の業務を泥臭く、丁寧に行うことで信頼を得てきました。いろいろな趣味嗜好を持ち、トップを目指す人が日本中から集まる早稲田で学ぶことは、まさにライバルの存在を身近に感じる環境に身を置くことといえるでしょう。切磋琢磨しあえる仲間と過ごす時間のひとつひとつが将来への糧となるはずです。

t_inomata_2


猪俣 英希 Inomata Hideki

三菱商事株式会社
福島県立会津高校出身
2011年 スポーツ科学部 卒業

Profile
在学中は体育会競走部に所属し、2011年第87回箱根駅伝に5区走者として出場。前年11月の全日本大学駅伝にも出場し、史上3校目となる出雲、全日本、箱根を合わせた学生三大駅伝の三冠達成に貢献。三菱商事入社後は船舶・宇宙航空事業本部船舶部に配属され、主に船舶取引などの事業に携わっている。

※掲載情報は2015年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる