Admissions Center早稲田大学 入学センター

「めざせ!都の西北奨学金」のおかげで、留学も視野に充実した学生生活を過ごしています

t_04_toyoda

7 歳上の姉が早稲田の文学部で充実した生活を送っている姿を見て、私も同じ道に進みたいと思うようになりました。ところが、高校2 年のときに父が他界し、私が大学進学にあたり上京することで、家族に負担をかけるのではないかと不安でした。そんな中で私に希望を与えてくれたのが「めざせ!都の西北奨学金」であり、採用候補者に決まったときは喜びと安心の気持ちでいっぱいで、受験勉強の励みにもなりました。現在は、奨学金を学費に充てさせていただき、早稲田で学べる喜びをかみしめながら、勉強や課外活動に打ち込む日々を過ごしています。

もともと英語が好きだったこともあり、学部の授業以外には英語サークルでディベートやスピーチの練習に精力を注いでいます。また、留学を視野に入れつつ、英語とフランス語の教員免許取得も目指しています。東京という色々な人が集まる街に出てきたからこそ、育った場所も考え方も違う人たちとの出会いを通じて視野が広がり、自立もできたと実感しています。このように恵まれた環境で学べるのも奨学金のサポートがあったからこそです。経済的な理由で早稲田への進学に二の足を踏んでいる人には、「めざせ!都の西北奨学金」をはじめとした奨学金制度を積極的に活用することをお勧めします。


豊田 はなの Toyoda hanano

文学部1年
愛媛県立松山東高校出身

※掲載情報は2015年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる