Admissions Center早稲田大学 入学センター

知識を吸収する楽しさを存分に味わう日々。自分の考えを持って行動できる職業人を目指して

t_13_kano

オープンキャンパスで先輩たちの明るく楽しげな姿を見て、この大学なら充実した学習環境のもと、さまざまな人との出会いも期待できると感じました。商学部を志望したのは、社会に出る前に実践的なビジネスの知識を身につけたいと考えたからです。入学後、マーケティングサークルでの活動などに参加したことで、チャレンジ精神旺盛な先輩や同級生と出会い、内向的だった性格も積極的なものに変わっていきました。

世界史が好きだったこともあって、それをビジネスに結びつけようと、田口尚志先生のゼミで国際貿易について学ぶことに。授業を通して貿易とは単なる商品売買だけではなく、各国の文化や慣習、相手国との関係などが複雑に絡み合っていると知りました。ゼミでは毎週課題図書を読みディスカッションを行いますが、文献を読むうちに新たな疑問が生まれ、別の専門書を探すこともしばしばです。各国の政治事情を反映したTPP( 環太平洋戦略的経済連携協定)をはじめ、移民問題や宗教問題など幅広い分野の知識が必要とされるため、読むべき資料も多くて大変ですが、知識を吸収する楽しさを存分に味わえます。

入学時には、将来に対しての明確な考えを持っていませんでしたが、これまでに得た体験のおかげで、「なりたい自分像」が徐々に固まりつつあります。田口先生の「知識を得た上で実践すべき」という教えを今後さらに深め、自分の考えを持って行動できる職業人を目指したいと思います。


加納 美緩 Kano Mihiro

商学部3年
島根県立出雲高校出身

※掲載情報は2015年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる