アジア太平洋討究

 

 

アジア太平洋討究

1998年4月に大学院アジア太平洋研究科が発足した。研究科の初代の長であった後藤乾一教授の慫慂により研究科国際関係学専攻所属教員全員が執筆した『アジア太平洋討究』創刊号が、2000年1月に刊行された。以来、2013年12月現在で合計21号が刊行されている。本誌はアジア太平洋研究科運営委員会所属教員等の紀要であると同時にアジア太平洋研究センターの研究部会の特別センター員等の成果発表の場でもある。本誌の名称はアジア太平洋研究センター(国際関係部門)の前身に当る早稲田大学社会科学研究所の由緒ある機関誌『社会科学討究』から『討究』の二字を継承している。しかし、同社会科学研究所廃止に伴い雑誌の刊行配布等の情報、ノウハウは引き継がれなかったため、実際は全くゼロからの出発であった。この間、創刊号では原剛教授、2-4号については山岡道男教授、5号以降は村嶋英治教授が刊行および関連の事務を担当している。現在、NII論文情報ナビゲータ[CiNii:サイニィ]上でヒットする本誌所蔵大学図書館数は134カ所にのぼる。また、本誌はアジア欧米の主要国立図書館・大学図書館にも所蔵されている。加えて、殆どの本誌掲載論文は早稲田大学リポジトリ(早稲田大学図書館HPトップページからアクセス可)によってウェブ上に公開されている。

  • 発行回数、年に2号もしくは3号程度
  • アジア太平洋討究執筆資格者
    1. アジア太平洋研究科運営委員会メンバーである専任教員。
    2. アジア太平洋研究科の授業を担当する客員教授。
    3. アジア太平洋研究科の授業を担当する学内兼担教員もしくは非常勤講師。但し、上記1の専任教員1名以上の推薦状を要する。
    4. アジア太平洋研究センターの客員研究員、訪問学者等。但し、上記1の専任教員1名以上の推薦状を要する。
    5. アジア太平洋研究センターの助手。但し、上記1の専任教員2名以上の推薦状を要する。
    6. アジア太平洋研究センター研究部会の特別センター員。但し、研究部会代表の推薦状を要する。
    7. アジア太平洋研究科を本属とした早稲田大学名誉教授。

アジア太平洋討究創刊号以来9号までの掲載論文の大部分は、早稲田大学リポジトリにてウェブ上に公開されています。10号以降の掲載論文に関しては、掲載論文は全て早稲田大学リポジトリにて公開されます。
アジア太平洋討究総目次(1-10号分)
アジア太平洋討究総目次(11号分)
アジア太平洋討究総目次(12号分)
アジア太平洋討究総目次(13号分)
アジア太平洋討究総目次(14号分)
アジア太平洋討究総目次(15号分)
アジア太平洋討究総目次(16号分)
アジア太平洋討究総目次(17号分)
アジア太平洋討究総目次(18号分)
アジア太平洋討究総目次(19号分)
アジア太平洋討究総目次(20号分)
アジア太平洋討究総目次(21号分)
アジア太平洋討究総目次(22号分)
アジア太平洋討究総目次(23号分)
アジア太平洋討究総目次(24号分)
アジア太平洋討究総目次(25号分)
アジア太平洋討究総目次(26号分)
アジア太平洋討究総目次(27号分)
アジア太平洋討究総目次(28号分)
アジア太平洋討究総目次(29号分)

問合先

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-21-1早稲田大学西早稲田ビル
アジア太平洋研究センター討究出版・編集事務局
(担当者:村嶋英治 教授)
アジア太平洋研究センター電話番号:03-5286-3877