WIAPS研究会

第40回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時 2016年5月16日(月)12:15-12:50
場所早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室
参加資格WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生
報告1

報告者:松村 智雄(アジア太平洋研究センター助手)

報告テーマ:
9・30以降も継続した共産主義運動:ボルネオ島西部の事例

要旨:
インドネシアの1965年9・30事件については、映画The Act of Killingの公開で一般にも認知度が上がってきている。9・30事件以降、数年にわたるインドネシア国軍による徹底的な弾圧により、それまではアジア最大規模を誇っていた共産主義勢力は壊滅状態に陥ったという一応の理解がある。しかし、当時の不安定な政局の中でスハルトの新体制に反撃を試みる勢力も存在していた。インドネシア共産党は9・30事件以降、北京に本拠地を定めて活動を継続しているし、本報告で中心的に述べるボルネオ島(カリマンタン島)西部の華人とインドネシア共産党組織は、隣接するサラワクの脱植民地化をめぐる運動と共闘する形での抗戦を試みている。彼らの活動がいかにして可能であったのかについて述べる。

Page Top