WIAPS研究会

第17回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時 2013年6月10日(月)16:30 - 18:00
場所早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室
参加資格WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生
報告1

報告者:小野塚 和人 氏(早大アジア太平洋研究センター助手)

報告テーマ:
観光地ケアンズの生成と日本企業:対日本向けリゾート開発をめぐる政治過程と地域社会変動

要旨:
 1980年代からのオーストラリア北東部のケアンズにおける対日本向け観光開発にはいかなる経緯が存在し、開発は現地社会にどのような影響を与えたのか。さらに、ケアンズを題材とした考察はいかなる社会学的な理論的示唆をもたらすのか。本報告では、前半にて、ケアンズにおける観光開発に至る政治過程と、日本企業の投資活動に伴う地域社会変動を考察する。後半では、観光開発の事後評価として、産業構造の変化、エスニシティと人口の動態、さらに、ジニ係数の計算による所得格差の動向を考察することにより、観光開発を題材とした都市研究の進展を試みる。観光開発によって、観光業に関連する第三次産業と建設業への依存度が高まることとなった。ケアンズには日本をはじめとした東アジアからの移民が到来するとともに、高い人口増加率を見せるに至っている。観光客が増加している間は、住民間の所得格差は縮減し、平均所得と失業率においても、改善が見られる。

報告2

報告者:Isaac Gagné / ガーニエ アイザック 氏(早大アジア太平洋研究センター助手)

報告テーマ:
Anthropological Approaches to Secularity and Morality in Contemporary Japan

要旨:
 In many societies around the world, increasing global interconnectedness has contributed to the diversification and intensification of religious and secular ideologies and debates over moral authority. In the anthropology of religion, the articulation of religion, politics, and moral authority has become a growing focus of research, centering on issues of radicalism, secularism, and identity politics in the context of socioeconomic change and political upheaval. In the midst of these debates, Japan has frequently been taken up as an example par excellence of a nation that has avoided politico-religious factionalism and maintained a “secular” social order or even “atheist” morality. In this talk, I will first outline the debates in the anthropology of religion regarding secularization and moral authority. Second, I will trace the particular manifestation of secularity in Japan. Then I will introduce ethnographic case studies to show how formations of religion and moral authority in contemporary Japan offer important nuances to anthropological understandings of religiosity, secularity, and morality.

Page Top