WIAPS研究会

第2回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時 2011年2月21日(月)13:00 - 15:00
場所早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室
参加資格WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生
報告1

報告者:William Kelly 氏(エール大学教授/WIAPS交換研究員)。WIAPS受入教員:G.S. ロバーツ教授

報告テーマ:
"The World of the Hanshin Tigers: An Anthropology of Contemporary Sport"

要旨:
Abstract: For the last three decades of the twentieth century, the Hanshin Tigers were the heart and soul of Kansai professional sports and emblematic of a sport that was so central to the development of transportation, media, and leisure in that region. To an anthropologist, the Hanshin Tigers represent an intriguing lifeworld centered on the production and presentation of what was arguably the most important sport in twentieth-century Japan. In this talk, I will first outline the five key elements of Hanshin Tigers sports world: the stadium, the team, the management, the fans, and the media. I will then introduce four themes embodied in this sports world: the uncanny mimicry of Bushido baseball; Japanese baseball as edu-tainment; Osaka's second-city complex and Hanshin Tigers baseball as the nobility of failure; and the Hanshin Tigers baseball as workplace melodrama.

報告2

報告者:後藤 乾一 氏(早大アジア太平洋研究科教授)

報告テーマ:
国際関係史の中の「インドネシア独立」

要旨:
報告目次:
はじめに
(1)『岩波講座 東アジア近現代史』(全10巻)第7巻『アジア諸戦争の時代1945―1960』所収論文(未刊)との関連で:「地域研究」「国際関係」アプローチの融合の試み
(2)研究史概観

1.日本の占領政策(軍政)とインドネシア・ナショナリズム
(1)「軍政三原則」と「独立問題」
(2)「大東亜共栄圏」の中のインドネシア

2.独立をめぐる国際環境
(1)敗戦国日本と連合国命令「現状維持論」
(2)アジアの域内協調の芽生え
(3)冷戦とアメリカの関与

3.「ガルダの羽ばたき」説=アジア太平洋地域の中のインドネシア
(1)1945年8月「独立宣言」
(2)1955年4月「バンドン会議」
(3)1965年9月「9月30日事件」
(4)1975年12月「東ティモール侵攻」と併合
(5)ユドヨノ政権とAPEC開催国

関連文献
『岩波講座東アジア近現代史』第6巻、第7巻(近刊)
『近代日本と東南アジア-南進の「衝撃」と「遺産」』(岩波人文書セレクション、2010)
東南アジア学会監修『東南アジア史研究の展開』(山川出版社、2009)所収「コラム4 近代日本・東南アジア関係史」
工藤元男・李成市編『アジア学のすすめ 第三巻アジア歴史・思想論』(弘文堂、2010)所収「早稲田大学におけるインドネシア研究半世紀」
Peter Post, et.al. ed. The Encyclopedia of Indonesia in the Pacific War
Leiden: Brill, 2010(the Outstanding Academic Title list 2010 of Choice.)

Page Top