WIAPS研究会

第23回アジア太平洋研究センター(WIAPS)研究会

開催日時 2014年5月19日(月)12:15-12:50
場所早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階713会議室
参加資格WIAPS専任教員・助手, WIAPS受入の交換研究員・訪問学者・外国人研究員, GSAPS修士課程・博士後期課程在学生
報告1

報告者:黒田 一雄 (早大アジア太平洋研究科教授)

報告テーマ:
教育の多層的グローバルガバナンスの形成と2015年以降の教育協力のフレームワーク

要旨:
政治経済社会のグローバリゼーションと、デファクトで進展するクロスボーダー化によって、従来国家(ナショナル)のレベルにおいて主な政策決定がなされてきた教育においても、世界的(グローバル)もしくは地域的(リージョナル)なレベルでの多層的なガバナンス体制構築の重要性が増しつつある。本発表では、教育におけるグローバルガバナンスの多様な展開を類型化し、その教育分野の働きを具体例から明らかにすると共に、現在進行中の2015年以降の教育協力のフレームワーク構築へむけた方向性を考察する。

Page Top