講演/セミナー

文部科学省 原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ、第4回原子力安全規制・福島復興シンポジウム
「東日本大震災と福島原発災害から4年~原子力安全規制の今後のあり方と福島復興を考える~」

日時: 2015年3月11日(水)  13:00-17:30 (受付開始:12:30)
会場:

早稲田大学早稲田キャンパス19号館(早稲田大学西早稲田ビル) 7F  710教室

プログラム:

 早稲田大学は、文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ「原子力産業への社会的規制とリスクガバナンスに関する研究」プロジェクト主催「第4回原子力安全規制・福島復興シンポジウム:東日本大震災と福島原発事故から4年~原子力安全規制の今後のあり方と福島復興を考える~」を、2015年3月11日(水)午後、早稲田大学早稲田キャンパス(19号館)にて開催いたします。 皆様のご来場をお待ちしております。


【本シンポジウムの目的】
 東日本大震災・福島原発事故から2015年3月11日で4年を迎えます。早稲田大学は、2011年5月に東日本大震災復興研究拠点を設立し、早稲田大学の知的共同体として叡智を結集し、被災地復興に貢献すべく研究を行ってまいりました。本シンポジウムでは、福島原発事故の反省と教訓を踏まえて発足した原子力規制委員会(NRA)の社会的評価と今後の原子力安全規制のあり方を明らかにします。また、大震災・原発事故からの復興に取り組む福島の状況と課題について、福島県からの参加者とシンポジウム参加者を交え、議論したいと考えています。


【プログラム】※プログラムは都合により変更になる可能性があります。


MC:岩田優子(早稲田大学アジア太平洋研究科)


【開会挨拶 13:00-13:10】
石山敦士(早稲田大学理事・理工学術院教授)


【基調報告 13:10-13:30】 
松岡俊二(早稲田大学アジア太平洋研究科・教授・研究代表者)
「福島原発災害の教訓は原発再稼動に活かされているのか?2011.3.11から4年がたって分かってきたこと」


【第1部 13:30-14:40】
日本の原子力安全規制をめぐって~原子力規制委員会を中心とした評価と課題~


モデレーター  :勝田正文(早稲田大学大学院環境エネルギー研究科長・教授)
コメンテーター:平川秀幸(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター・教授)


報告 「原子力規制委員会の技術的評価」
師岡愼一(早稲田大学理工学術院・教授)


報告 「原子力規制委員会の法制度面からの評価」
黒川哲志(早稲田大学社会科学総合学術院・教授)


特別報告 「フランスのオフサイト・マネジメントと地域情報委員会」
Lucien Chabason(パリ政治学院IDDRI研究所・Senior Advisor)


【休憩 14:40-15:00】


【第2部 15:00-16:20】
福島復興をめぐって~原子力ガバナンスと市民社会~


モデレーター :黒川哲志(早稲田大学社会科学総合学術院・教授)
コメンテーター:大手信人(京都大学大学院情報学研究科・教授)
コメンテーター:鬼頭秀一(星槎大学共生科学部・教授)


報告 「福島原発事故による放射性物質汚染と環境回復政策のあり方」
森口祐一(東京大学大学院工学系研究科・教授)


報告 「原発事故後の福島:多様な価値観が尊重される社会の実現に向けて」
菅波香織(未来会議事務局長・弁護士)


報告 「被災地における市民主体のコミュニティ再建:新しい絆を生かして」
島村守彦(いわきおてんとSUN企業組合・事務局長)


報告 「阪神・淡路大震災20年から福島復興を考える:レジリエンスとソーシャル・キャピタル」
島田剛(JICA研究所・主任研究員)・松岡俊二(早稲田大学アジア太平洋研究科・教授・研究代表者)


【第3部 16:20-17:20】
パネルディスカッション
「残された課題と今後の展望~国際社会でフクシマの教訓を活かすために~」


モデレーター:蟹江憲史(東京工業大学大学院社会理工学研究科・准教授)
パネリスト:松岡俊二、平川秀幸、師岡愼一、勝田正文、黒川哲志、森口祐一、菅波香織、鬼頭秀一、大手信人、島田剛、島村守彦、他 


【閉会挨拶 17:20-17:30】
松岡俊二(早稲田大学アジア太平洋研究科・教授・研究代表者)

主催:

早稲田大学・文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ
「原子力産業への社会的規制とリスクガバナンスに関する研究」プロジェクト
URL:http://www.waseda.jp/prj-matsuoka311/index.html

協力:

・早稲田大学アジア太平洋研究センター
・東京工業大学大学院社会理工学研究科
・早稲田大学日米研究機構
・早稲田大学レジリエンス研究所
・パリ政治学院IDDRI研究所

定員/申込/問合せ先:

・定  員:50名(先着順・無料)


・申込・問い合わせ先:メールにてお申込み、お問い合わせ下さい。
 【宛先】 jyuten-fukkou※list.waseda.jp(※を@(半角)にして送信ください)
 【件名】シンポジウム申込
 【内容】 1.氏名(フリガナ) 2.ご所属 3.メールアドレス

Page Top