講演/セミナー

A Forum with Prof. Michael Ignatieff “Global Ethics in East Asia”

日時: 2015年6月4日(木)  14:45-16:30
会場:

早稲田大学早稲田キャンパス19号館 710教室

プログラム:

『軽い帝国』、『許される悪はあるのか』の著者であるProf. Michael Ignatieff は、ハーヴァード大学ケネディスクールで教鞭をとられており、その専門は政治思想・人権論である。同氏の経歴は、学問の世界にとどまることなく、カナダ自由党の党首を務めカナダの国政に関与し、また「保護する責任」についての国際的委員会の活動に携わるなど多岐にわたっている。本フォーラムでは、Global Ethics(Corruption and Trust, Environment and Growth, Citizenship and Differences, War and Reconciliation, Technology and Risk, Democracy and Its Challenges)について、同氏および下記に記載されている世界各国からの知識人と本学学生が議論することを趣旨とする。


Participants:
Dr. Michael Ignatieff (Harvard University, Kennedy School)
Dr. Yitzhak Benbaji (University of Tel-Aviv) 
Dr. Emiliano Buis (University of Buenos Aires) 
Dr. Jean-Marc Coicaud (Rutgers University) 
Dr. Deen Chatterjee (University of Utah) 
Dr. Bartłomiej Nowak (Vistula University) 
Dr. Helle Porsdam (University of Copenhagen) 
Dr. David Rodin (University of Oxford) 

言語: 英語
主催:

Carnegie Council for Global Ethics
早稲田大学アジア太平洋研究センター(WIAPS) 国際関係史部会
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 Campus Asia-EAUI program

Page Top