講演/セミナー

社会的実践としての現代中国インディペンデント映画―生産・流通・消費を通じた批判的公共言説の生成1

日時: 2015年12月12日(土)  10:00-12:00
会場:

早稲田大学早稲田キャンパス19号館710教室

プログラム:

講演者: 徐童(映画監督)、唐小雁(映画プロデューサー)



  • 徐童氏は、ロッテルダム国際映画祭ほか世界各国の映画祭に作品を出品している現代中国を代表するドキュメンタリー映画作家であり、本研究部会の2015年度研究テーマである「社会的実践としての現代中国インディペンデント映画―生産・流通・消費を通じた批判的公共言説の生成」の歴史、現状、将来展望を熟知している。今回は、2015年12月12日(土)に早稲田大学アジア太平洋研究科で予定されている作品上映とQ&A及びディスカッションに参加していただく。唐小雁氏は、徐童監督作品のプロデューサー。

  • その他の業績については、下記をご参照ください。

  • https://iffr.com/en/persons/xu-tong 


ディスカッション参加者(予定): 中嶋聖雄(早稲田大学アジア太平洋研究科准教授)、秋山珠子(立教大学ランゲージセンター中国語担当・教育講師/中国映画字幕翻訳・通訳)、馬然(名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻・准教授)、マーク・ノーネス(ミシガン大学スクリーン芸術と文化学部教授)(スカイプ参加の予定)

言語: 中国語・英語・日本語
主催:

現代中国インディペンデント映画研究部会

共催:

WIAPS

Page Top