講演/セミナー

第9回日韓政策フォーラム「最近の朝鮮半島情勢と日韓の対北朝鮮政策」

日時: 2015年12月7日(月)  10:00-14:00
会場:

早稲田大学早稲田キャンパス19号館711教室

プログラム:

1.開催の趣旨
このたび、以下の要領で第9回日韓政策フォーラムを開催します。日韓政策フォーラムは韓国統一部傘下の統一研究院(KINU)の提案で、日韓両国の政策協力を議論する場として、2008年にスタートしました。
本フォーラムは、韓国政府のシンクタンクとして、統一政策全般の立案・企画に携わる統一研究院の専門家をお招きし、日本の朝鮮半島専門家との間で深度ある議論を行い、日韓の相互理解を深めることを趣旨としています。研究者だけでなくジャーナリストや政府関係者など幅広い参加者を得て、着実にネットワークが広がっています。
今回は、来年5月に36年ぶりとなる党大会の開催を発表し、南北の当局者会談など、対外的にも動きを示している北朝鮮情勢を総括し、今後の展望を考えたいと思っております。皆様のご参加をお待ちしております。


2 .テーマ: 「最近の朝鮮半島情勢と日韓の対北朝鮮政策」


3.プログラム(日韓同時通訳付き)
10:00-11:40 第1セッション: 「政治状況と対外政策」
司会: 安尾芳典(共同通信客員論説委員、元ソウル支局長)
報告: 吳庚燮(統一研究院研究委員)「金正恩政権の現状と展望」
    磐村和哉(共同通信編集委員)「『金正恩外交』の行方」
討論: 孫基雄(統一研究院先任研究委員)
    和田春樹(東京大学名誉教授)


11:40-12:20 休憩(昼食)


12:20-14:00 第2セッション: 「経済・社会状況」
司会: 永野慎一郎(大東文化大学名誉教授)
報告: 玄仁愛(統一研究院客員研究委員)「最近の北朝鮮経済状況」
    小牧輝夫(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授)「経済改革の現状と課題」
討論: 朴泂重(統一研究院先任研究委員)
    福田恵介(週刊東洋経済)

主催:

韓国統一研究院(KINU)
早稲田大学韓国学研究所

共催:

NPO法人東アジア政経アカデミー
早稲田大学アジア太平洋研究センター(WIAPS)

お問い合せ:

早稲田大学韓国学研究所 [email protected]

Page Top