講演/セミナー

アジア安全保障セミナー 講演 朝鮮半島と東アジアの安全保障

日時: 2014年12月17日(水)  16:30-18:00
会場:

早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 710教室

プログラム:

 1.開催の趣旨と経緯
 朝鮮半島情勢は、東アジアの安全保障にとって重要である。北朝鮮問題の解決の可能性などをミャンマーの事例 などを参考に考えたい。韓国・中央大学のキム・テヒュン教授を招いて講演会セミナーを開きたい。キム教授は、東アジアの専門家で、東アジア安全保障情勢、 日中韓の研究などで知られる。訪問研究者として夏までWIASPに滞在した。早稲田大学アジア太平洋研究科の教員、研究者、学生を始め、一般参加者と意見 交換する機会としたい。


2.日時と会場
日時: 2014年12月17日(水曜日)
開演16時30分、終了18時00分
会場: 早稲田大学 19号館710教室


3.プログラム
総合司会: 植木千可子(早稲田大学アジア太平洋研究科 教授)
16:30-16:35  趣旨説明
16:35-17:15 発表 
"Korea Unified and East Asia Transformed?: A Study in Statecraft"
発表者: Taehyun Kim
17:15—18:00  討論・質疑


 4.発表者略歴
 Tae Hyun Kim is a Professor in Graduate School of International Studies at Chung-Ang University. Professor Kim received both his B.A. and M.A. from Seoul National University, and received both his M.A. and Ph.D. in political science from The Ohio State University.
 He served as a visiting assistant professor at department of Political Science, University of Florida at Gainesville, Merriam fellow at Merriam Laboratory for Analytic Political Research, University of Illinois at Urbana-Champaign, visiting scholar and research associate at Mershon Center, The Ohio State University, and fellow of the Sejong Institute. He is also a member of the American Political Science Association, the International Studies Association, the Korean Science Association, and the Korean Association of International Studies. He has worked on major power relations in East Asia and the responses of the regional powers to the rise of China.
 Professor Kim is President of Korean Association of International Association

参加費: 無料、事前登録不要
主催:

早稲田大学アジア太平洋研究センター安全保障研究部会

共催:

早稲田大学アジア太平洋研究センター
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科

Page Top