講演/セミナー

アジア安全保障セミナー ワークショップ 「日本のナショナリズムの比較研究」

日時: 2014年12月8日(月)  10:30-12:15
会場:

早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館610教室

プログラム:

1.開催の趣旨と経緯


日本のナショナリズムが増大しているという認識が諸外国で広がっている。このワークショップでは、日本の現在のナショナリズムが、日本の過去の状況に比較して、また、他国のナショナリズムに比較して、顕在化しているのか、内容に特徴はあるのかなどについて検討することを目的にしている。
歴史認識、歴史和解の研究で知られる米国ダートマス大学のJennifer Lind教授の来日に併せて、ワークショップを開きたい。
Lind教授は、東アジアの専門家で、歴史認識、歴史和解の研究などで知られる。11月から1カ月、早稲田大学高等研究院の教授である。早稲田大学アジア太平洋研究科の教員、研究者、学生を始め、一般参加者と意見交換する機会としたい。


2.プログラム


総合司会: 植木千可子(早稲田大学アジア太平洋研究科 教授)
10:30-10:35  趣旨説明
10:35-11:00 発表 
  発表者: Jennifer Lind
  Japanese Nationalism across Time and Space
11:00—11:15  討論
  討論者: Patrick Boyd (早稲田大学アジア太平洋研究科 助教)

参加費: 無料、事前登録不要
主催:

早稲田大学アジア太平洋研究センター安全保障研究部会

共催:

早稲田大学アジア太平洋研究センター
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
早稲田大学高等研究所


 

発表者略歴:

Jennifer Lind: Professor Lind is Associate Professor in the Department of Government, Dartmouth College.


Professor Lind received a Ph.D. in Political Science from the Massachusetts Institute of Technology, a Master’s in Pacific International Affairs from the University of California, San Diego, and a B.A. from the University of California, Berkeley.


Professor Lind is the author of Sorry States: Apologies in International Politics, a book that examines the effect of war memory on international reconciliation (Cornell University Press, 2008). She has also authored scholarly articles in International Security and International Studies Quarterly, and writes for wider audiences within the Atlantic and Foreign Affairs. She has been quoted and interviewed by PBS Newshour, National Public Radio, the Washington Post, Los Angeles Times, and The Wall Street Journal.


Professor Lind is a Faculty Associate at Harvard University’s Reischauer Institute for Japanese Studies. She is a Fellow in the U.S.-Japan Network for the Future (a network for leading U.S.-based Japan specialists, run by the Maureen and Mike Mansfield Foundation and the Japan Foundation Center for Global Partnership). Lind has worked as a consultant for RAND and for the Office of the Secretary, U.S. Department of Defense, and has lived and worked in Japan. Her current research projects include an article about the coming struggle for the Western Pacific between the United States and China, and a book project about the speed and complexity with which countries rise to the status of great powers.

Page Top