講演/セミナー

講演 : 国連大学の「平和」「安全」「人権」に対する活動の紹介

日時: 2012年5月21日(月)  17:30 - 18:45(講義および質疑応答)
会場:

早稲田大学19号館(西早稲田ビル)7階711教室
* 早稲田キャンパスへのアクセス:
http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html

講演者: 国際連合大学 ヴェセリン・ポポフスキー博士
司会:
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 松岡 俊二 教授
プログラム:

国際連合:国際的な課題と解決策の模索
国際連合は、武力紛争、人権侵害、民主主義の欠如、テロリズム、武器の拡散、紛争や自然災害の結果による強制的な人の移動などの重要な国際的課題の解決を目的としている。国連加盟諸国は、いくら発展した豊かな国であっても、独自に国内的な能力の枠内でそれらの問題に対処することは、もはや現実的ではない。国際的な問題に対応するには、国際的な判断、あるいは国際的な行動が必要である。
ヴェセリン・ポポフスキー博士は、多様な概念や運用面での発展など国連大学における近年の研究と出版に関して発表を行います。今回の発表では、「保護する責任」という概念に関する2つのケーススタディーとして、シリアにおける困難な現状、リビア介入による認識を取り上げ、国際連合のシステムがグローバルな挑戦に対してどのようにアプローチするのか、またその課題について講義を行います。

言語: 英語
参加費: 学生、大学院生、教職員、一般
*事前申込不要・聴講料無料・一般来聴歓迎
主催:

国際連合大学、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科

Page Top