講演/セミナー

第8回日韓政策フォーラム 「北朝鮮・金正恩体制の現状と展望」開催(7/3)のお知らせ

日時: 2015年7月3日(金)  午後1 時30分~6時20分
会場:

早稲田大学19号館711号会議室 (http://web.waseda.jp/gsaps/access/)

プログラム:

このたび、以下の要領で第8回日韓政策フォーラムを開催します。日韓政策フォーラムは韓国統一部傘下の統一研究院(KINU)の提案
で、朝鮮半島をめぐる国際関係において、日韓両国の政策協力を模索する場として、2008年にスタートしました。本フォーラムは、韓国政府のシンクタンクとして、統一政策全般の立案・企画に携わる統一研究院の専門家をお招きし、日本の朝鮮半島専門家との間で深度ある 議論を行い、日韓の相互理解を深めることを趣旨としています。研究者だけでなくジャーナリストや政府関係者など幅広い参加者を得て、着実にネットワークが 広がっています。今回は、ストックホルム合意による日朝協議再開から1年の状況を総括しつつ、今後の朝鮮半島情勢の展望について、日韓の専門家が多角的に分析し、議論します。皆様のご参加をお待ちしております。
プログラム(日韓通訳付き)
13:30-14:00 ご挨拶: 李鍾元(早稲田大学韓国学研究所所長)
 基調講演: 崔鎮旭(韓国・統一研究院院長)
        「最近の北朝鮮情勢と韓国の対北政策」
14:00-15:40 第1セッション: 「政治状況と対外政策」
 司会: 李洙勲(慶南大学教授、慶応義塾大学訪問教授)
 報告: 金鎮河(統一研究院国際戦略研究室長)
      「金正恩政権の権力構造再編と葛藤の様相」
     平井久志(立命館大学客員教授、共同通信客員論説委員)
      「日朝協議の現状と展望」
 討論: 金甲植(統一研究院研究委員)
     玄丞洙(統一研究院研究委員)
     朱建栄(東洋学園大学教授)
15:40-15:50 休憩
15:50-17:20 第2セッション: 「経済・社会状況」
 司会: 永野慎一郎(大東文化大学名誉教授) 
 報告: 金昔珍(統一研究院北韓研究室長)
      「金正恩時代の北朝鮮経済の実績と展望」  
     三村光弘(環日本海経済研究所主任研究員)
      「経済改革の実態と展望」
 討論: 洪珉(統一研究院研究委員)
     小牧輝夫(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授)
17:20-18:20 第3セッション: 総合討論
 司会: 安尾芳典(共同通信客員論説委員、元ソウル支局長)
【お問い合わせ先】 早稲田大学韓国学研究所 [email protected]

言語: 日本語(日韓通訳付き)
参加費: 不要
主催:

韓国統一研究院(KINU)、NPO法人東アジア政経アカデミー
早稲田大学アジア太平洋研究センター(WIAPS)
早稲田大学韓国学研究所
【お問い合わせ先】 早稲田大学韓国学研究所 [email protected]

Page Top