講演/セミナー

国際シンポジウム「中国とどう向き合うか?-台頭する中国・パワーシフトと近隣アジアの政治変動-」

日時: 2015年1月24日(土)  10:00-17:50
会場:

立教大学池袋キャンパス・太刀川記念館3階多目的ホール

プログラム:

 1.趣旨
中国の急速な発展により、アジアの国際政治には大きなパワーシフトが生じている。台頭する中国は、既存の秩序や価値観にどのような衝撃を与えているのか。また、それとどのような関係を築こうとしているのか。
パワーと価値観の対立・衝突・融合・構成を直接に経験しているのは、大国の狭間にある多くの小さな国や地域である。
本シンポジウムでは、中国と米国・インドなどの大国と間にある東アジア・東南アジア・南アジアの国や地域の政治と社会に、中国の台頭がどのような影響と変化をもたらしているのかを、幅広い事例をもとに考える。

2.プログラム
10:00-10:10    開会の言葉 竹中千春(立教大学法学部教授)

10:10-12:10    第一セッション:東アジアのパワーシフトと日韓関係
司会: 孫斉庸(立教大学法学部准教授)
報告者:天児慧(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    金興圭(Heungkyu KIM)(亜州大学政治外交学科教授・
        亜州大学中国政策研究所所長)
    レイフ-エリック イーザリ(Leif-Eric EASLEY)
    (梨花女子大学助教授・アサン政策研究院リサーチフェロー)
討論者:李鍾元(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    林載桓(青山学院大学国際政治経済学部准教授)


 12:10-13:20     昼食休憩


 13:20-15:20     第二セッション:中国の台頭と香港の民主化問題
司会兼報告者:倉田徹(立教大学法学部准教授)
報告者:黄偉豪(Wilson Wai-Ho Wong)(香港中文大学政治・行政学系副教授)
    沈旭暉(Simon Xu-Hui Shen)(香港中文大学社会科学院副教授)
討論者:高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)


 15:20-15:40     休憩


 15:40-17:40   第三セッション:座談会 アジア新秩序の出現か?:
                               パワー・ポリティクスを超える対話
司会:竹中千春(立教大学法学部教授)
話題提供者:プルネンドラ・ジェイン(Purnendra JAIN)(アデレード大学教授)
      藤原帰一(東京大学大学院教授)
討論者:根本敬(上智大学アジア文化研究所教授)
    李鍾元(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)


 17:40-17.50     閉会の言葉

言語: 日本語・英語(同時通訳付き)
主催:

立教大学法学部 科学研究費基盤研究(A)「中国・インド大国化とアジア:内政変動と外交変容の交錯」
早稲田大学アジア太平洋研究センター(朝鮮半島・北東アジア部会)

申込方法:

メールの件名に「参加申込」と書かれた上で、「名前・所属・連絡先(メールアドレスなど)」を以下のメールまでお送り下さい。会場の座席数に限りがあるため、先着100名様とさせていただきます。宛先は、[email protected]

Page Top