概要

概要部分写真1882年に早稲田大学を創立した大隈重信が、「東西文明の調和」を唱えたことはよく知られています。それから1世紀以上を経た20世紀末、早稲田大学は、「アジア太平洋」、「メディアネットワーク」、「生涯学習機関化」という3つのコンセプトのもとに大学改革を推進しました。その中で、本アジア太平洋研究センターが、アジア太平洋地域の共生と発展に貢献すべく1997年7月に開設されました。

本センターは、長年にわたって近代日本の社会科学的研究およびアジアの地域的研究を進めてきた<社会科学研究所>と、産官界からの受託研究・共同研究をはじめ、社会人を対象としたビジネス教育の実績を持つ<システム科学研究所>との合併により創立されました。そのため、当初は国際関係・地域研究部門と国際経営部門との2部門から構成されていました。しかし、2008年に後者は本センターより分離しました。現在の本センターは、大学院アジア太平洋研究科運営委員会(教授会)のメンバーである専任教員を主要な研究員として、早稲田大学アジア太平洋研究センター規則に則り運営されています。また、学外から交換研究員、訪問学者、外国人研究員等を受入れています。

本センターは、成長と変化の著しいアジア太平洋地域に焦点を当て、この地域における研究・教育のネットワークの構築を図るとともに、多様な研究成果、情報の発信拠点となることをめざしています。なかでも世界のトップレベルの研究者と互角の戦いができるような質の高い成果の発信を重視しています。

本研究センター研究員の現在の主要な研究活動は、(1)研究部会(本センター研究員および外部の特別センター員により構成)の研究活動、(2)科学研究費を用いた研究、(3)早稲田大学が助成する特定課題研究費および個人研究費を用いた研究から成っています。その研究成果は、主として『アジア太平洋討究』、『リサーチ・シリーズ』および『研究資料シリーズ』によって発表されています。『アジア太平洋討究』は2000年に創刊され、2013年12月現在で21号まで刊行しています(総目次は、本HPの出版活動の項をご参照下さい)。『研究資料シリーズ』および『リサーチ・シリーズ』の刊行は2010年より開始され、2013年3月末時点で、リサーチ・シリーズは3冊、研究資料シリーズは4冊を刊行しています。この外に、アジア太平洋研究科博士課程所属の大学院生の紀要である『アジア太平洋研究科論集』も、アジア太平洋研究科および本センターの合同の編集委員会によって編集出版されており、2013年12月現在で第26号まで刊行しています。
また、研究、出版活動に加えて、本センターでは、成果を広く普及すべく講演活動も随時実施しています。

こうした活動を通じ、本センターは研究の一層の質的量的向上を目指しておりますので、ご鞭撻ご指導を賜りますようお願い申上げます。