基金による事業内容

早稲田大学アジア太平洋研究センターに設置するインドネシア研究に関するプロジェクト

2015年度の主たる事業は以下のとおりです。

    研究課題:「1965年9月30日事件の総合的研究-アジア太平洋国際関係史の中のインドネシア-」                            
    研究メンバー:15名程度                            
    研究会:年8回開催                            
    内容①:論集出版刊行                            
    内容②:翻刻 『竹井天海(十郎)日記』                            
    内容③:シンポジウム開催(inインドネシア)                            
    内容④:原口竹次郎・歌子氏の補足調査

フィールド・リサーチ補助金制度

東南アジア研究およびそれに関連する研究に従事している早稲田大学大学院正規学生を対象に、
年額25万円のフィールド・リサーチ経費を年間で約10名を上限とし補助します。                                
詳しくはフィールド・リサーチ補助金についてをご参照ください。                                
                                
※本制度でいうフィールド・リサーチとは、日本国外において学生自らが従事する
現地調査(フィールドワーク)を指しますが、広義にはインターンシップ、留学、国際会議参加等も含みます。”        

早稲田大学アジア太平洋研究科の設置科目「近代日本とアジア・早稲田大学」

2015年度の開催情報は2015年夏に掲載予定です 。