FAQ

 

入学選考に関するQ&A

出願の際は必ず当研究科入学試験要項を参照してください。

入試全般について

  • Q. アジア太平洋研究科のパンフレットはどこで入手できますか?

    A. ホームページよりダウンロード可能です。
    http://web.waseda.jp/gsaps/wp/wp-content/uploads/2015/06/jp_gsaps2016.pdf
     
    紙媒体のパンフレットをご希望の方は、日本国内に限り発送させていただきます。下記サイトよりお申込みください。
    https://telemail.jp/_pcsite/?des=105730&gsn=1057303&cmt=wat1
  • Q. 入学試験要項と入学願書はどこで入手できますか?

    A. ホームページよりダウンロード可能です。
    http://web.waseda.jp/gsaps/admissions/application/
  • Q. 出願書類等の内、アドミッションズ・オフィスが最も重要視するものは何ですか?

    A. 修士課程:学業・実務経験の経歴、語学能力、志願者評価書、エッセイなど、全ての書類ならびに国内出願者については第2次選考結果を総合的に判断します。
    博士後期課程:学業・実務経験の経歴、語学能力、志願者評価書、エッセイなど、全ての書類ならびに第2次選考結果を総合的に判断します。
  • Q. 学部での専門が国際関係学ではないのですが、出願することは可能でしょうか?

    A. 出身学部での専攻と志望専攻が異なる場合でも、ご出願いただいて構いません。アジア太平洋研究科では、国内・外から幅広く優秀な人材を受け入れています。
  • Q. 1年に2回以上出願することは可能ですか?

    A. はい。可能です。
  • Q. 志望プロジェクト教員とあらかじめコンタクトやアポイントをとる必要はありますか?

    A. 特に必要ありませんが、もし希望される場合は、gsaps@list.waseda.jpまで教員宛のメールをお送りください。アドミッションズ・オフィスを通して、転送させて頂きます。尚、入試期間中は教員とのコンタクトをお断りしておりますので、予めご了承ください。
  • Q. 過去の試験問題は公表されていますか?

    A. 修士課程:第2次選考小論文テーマ出題例をホームページにて公開しております。
    博士後期課程:公表しておりませんのでご了承ください。
  • Q. 入学前奨学金入試とはどのような入試ですか?

    A. 日本国外居住の外国籍の方が対象となります。当研究科の入学試験に合格し、奨学金の受給が決まると、入学金・授業料が免除となり、月々の生活費が支給されます。
    例年、2月が出願期間となり、各奨学金入試の詳細は12月にホームページに公開します。
    [対象奨学金]
      (1)日本国文部科学省奨学金(研究科推薦)
      (2)日本・世界銀行大学院生奨学金【JJ/WBGSP】

pagetop

語学能力について

  • Q. 日本語能力試験(JLPT)N1のスコアは必要ですか?

    A. 日本語履修を希望される日本語を母語としない志願者は必ず提出してください。
  • Q. 英語能力の証明は必要ですか?

    A. 英語履修を希望される英語を母語としない志願者および日本人志願者は必ず提出してください。
  • Q. 日本語能力試験や英語能力試験の基準点はありますか?

    A. 合格基準点は特に設けていません。
  • Q. 語学能力証明書には有効期限がありますか?

    A. 有効期限は設けていません。

pagetop

出願書類について

  • Q. 卒業見込のため、成績証明書や卒業証明書は締切り日までに提出できません。どうしたらいいですか?

    A. 卒業見込証明書と出願時点での成績証明書を送ってください。入学時に最終的なものを提出してください。
  • Q. 志願者評価書の評価者でふさわしい人がいない場合、どのようにすればよいですか。

    A. 大学時代の指導教授や会社の上司以外の方でも構いませんので、所定の評価を行なうことができる方に依頼してください。

pagetop

その他

  • Q. 聴講生のような形で特定の科目のみを履修することは可能ですか。

    A. 特定の科目のみを履修する科目等履修生については、現在募集を行っておりません。
  • Q. 説明会等はあるのでしょうか?

    A. 年に1回(例年7月)、当研究科主催のオープンスクールを行なっています。
    その他にも早稲田大学院合同説明会(例年6月)等にもブースを設けています。
    詳細については、当研究科ホームページでご確認ください。

pagetop

奨学金に関するQ&A

  • Q. 私費外国人留学生です。奨学金をもらいたい場合、いつ、どのように申請したらいいですか?

    A. 奨学金の受給を希望される方は、入学後所定期間内に「奨学金登録票」(留学生用)に記入し、決められた期日までに申請書を提出し、申請を行ってください。
    奨学金登録を行った学生の中から、推薦者を決定します。その際、推薦された学生に事務所よりご連絡を差し上げます。なお、ビザの種類は【留学ビザ】の方のみ原則、申請可能です。
    この他に、自分で自由に応募できる公募の奨学金があります。これらの奨学金の情報は随時、事務所の掲示板に掲示されていますので、各自で確認の上、ご自身で申請をしてください。
    なお、私費外国人留学生を対象とした奨学金の申込みは、原則入学後に行います。
    また、入学後すぐに奨学金を得ることは非常に難しいため、留学計画は、奨学金を前提として立てるべきではありません。出願時には、留学に要する費用を自分で確保しておく必要がありますので、あらかじめご了承ください。
    詳細は[ 奨学金(受験生向け)]をご参照ください。
  • Q. どのくらいの人が奨学金をもらっていますか?

    A. [ 奨学金(受験生向け)]のページに受給人数などが載っていますので、ご参照ください。ただし、年度により、奨学金の数、種類が違い、受給率も異なります。
  • Q. 日本人学生の奨学金にはどういうものがありますか。

    A. 日本学生支援機構奨学金を始め、民間団体奨学金、大学独自の大隈記念奨学金、小野梓記念奨学金など学内奨学金があります。 詳細につきましては、[ 奨学金(受験生向け)]をご参照ください。
    *「日本人学生」は、在日外国籍学生のうち、在留資格が「永住者」、「永住者の配偶者等」、「日本人の配偶者等」、「定住者」の学生を含みます。
  • Q. 留学生が文部科学省の奨学金を受給するには、どのようにすればよろしいですか?

    A. 入学前に申請する場合は、
    1)当研究科の入学前奨学金入試を経て申請
    2)在外日本大使館または総領事館に直接お問い合わせいただいて申請
    ※在学生については、研究科推薦の奨学金になりますので、他の奨学金と同様、登録者の中から成績を基準として推薦者を決定させていただきます。
  • Q. 大学の寮に入りたいのですが。

    A. 学生寮に関しては、早稲田大学レジデンスセンターにて取りまとめております。

pagetop

コース・カリキュラムに関するQ&A

  • Q. 授業の時間帯を教えてください。

    A. 授業は主に平日の9時から18時に設定されています。
  • Q. アジア太平洋研究科以外の授業を受講することができますか?

    A. 正式の手続きを行えば、他の大学院の授業を受講することができます。但し、4学期制を採っているのはアジア太平洋研究科だけですので、履修の際にはスケジュール等に充分注意してください。なお大学院生は学部の授業を受講することはできません。
  • Q. 日本語の授業を受講したいのですが?

    A. 日本語の授業は「日本語教育センター」で受講できます。ただし、有料となりますので注意してください。

pagetop

学生生活に関するQ&A

  • Q. 学生が休憩できる場所はありますか?

    A. 19号館8階の「リフレッシュ・ゾーン」および6階・7階の「休憩コーナー」を利用してください。
  • Q. コンピューター、インターネット等を利用したいのですが。

    A. 早稲田大学内のコンピューター・ネットワークを利用するためには、ユーザー・アカウントを取得する必要があります。オリエンテーション期間中に行われる「コンピューター・セミナー」に参加してください。
  • Q. 体調が悪いのですが、近くに病院はありますか?

    A. 早稲田大学には「早稲田大学保健センター」が設置されていますのでご利用ください。
    体調が悪い時はもちろん、カウンセリングや相談室も設けております。他にも大学周辺には大学契約病院が多数あります。
    なお、病院で診察をしていただく場合には健康保険証の提示が必要です。
    正規学生の方は、診療の内容により医療費の自己負担分の一部を「早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)」へ申請する事で給付を受けられます。
  • Q. 医療費補助はありますか?

    A. 国民健康保険に加入していて、契約病院で診察を受けた場合は、後日、自己負担分の一部(年間6万円まで)がポータルに登録された「本人名義口座」 に返金されます。診察時には、病院の窓口で学生証と健康保険証の提示をお忘れないようご注意ください。契約病院以外で診察を受けた場合には、自身で学生生活課へ行き、所定の手続きをしてください。
  • Q. トレーニングセンターを利用したいのですが、可能ですか?

    A. はい。可能です。トレーニングセンターは学生会館地下2階にあります。
    【利用期間】
    1年間(登録日から1年間有効)
    【必要書類】

    • 健康個人カード、または健康診断書※(受診項目は、身長、体重、血圧、検尿、内科問診)
    • 写真1枚(3cm×2.5cm)
    • 学生証
    • 手数料収納証(通年3,000円)
      ※健康診断については年度内のものに限ります。

    学生会館トレーニングセンター受付
    TEL:03-3205-1909
    E-mail:traingcenter@kurenai.waseda.jp

  • Q. 宗教上定期的に祈祷(おいのり)する必要があります。祈祷に利用できる場所はありますか?

    A. 残念ながら早稲田大学ではすべての宗教に対して特別にそのような場所を設けていません。

pagetop

  • Q. 自転車通学をしたいのですが、申請は必要ですか?また、駐輪場はどこですか?

    A. 申請は必要ありません。駐輪場は19号館と中央図書館の間に駐輪場がございます。なお、駐輪場利用時間は月~土 8:30~22:00ですのでご注意ください。

pagetop