WIAPS Seminar

31st WIAPS Seminar

Date&Time June 8, 2015 (Monday) 12:15-12:50
VenueWaseda University: Waseda Campus :19th building 7F Room No.713
Intended AudienceWIAPS Full-time Faculty/Research Associates, WIAPS Exchange Researchers/Visiting Scholars/Visiting Researchers, GSAPS MA/PhD Students
Presentation1

Presenter:ICHIKAWA, Hiroko (Research Associate, WIAPS)

Presentation Theme:
米国による対中文化政策の黎明期:1900年代~1920年代の在華高等教育機関の経営に着目して

Abstract:
本研究は、米国の対中文化政策の黎明期について議論する。具体的には、1900年代
初頭の在華高等教育機関である燕京大学の経営方法を一次資料から解明し、米国に
よる対中文化政策の起源と性質を考察する。当時の在華高等教育機関の経営を
中心的に担っていたのは、宣教師である。宣教師たちは、中国を半植民地化する
帝国主義的アプローチを採用する一方、信仰心の強調とエキゾチズムに満ちた
中国像を米国社会に伝えることで、大学の運営資金を獲得していた。このような
宣教師たちの活動は、当時の米中関係の歴史的政治的状況と文化的状況の複雑な
関係性を体現するものであった。

Page Top