修了生の声

MAプログラム(修士課程国際関係学専攻)

大沼 雄貴
ONUMA Yuki

2016年3月修士課程修了
コンサルティング会社

1.      GSAPSを選んだ理由(きっかけ)は何ですか?

 学部時代にアイスランド留学や国際学生団体の活動を行った際、海外の学生との協働や議論をする機会が日本では少ないと感じていました。GSAPSにはアジアのみならず北米、ヨーロッパ、アフリカ、中東など様々な国の人々と政治学、経済学、社会学など広い領域の専門分野が学べることに魅力を感じ進学を決意しました。

 

2.      GSAPSでの日々はいかがでしたか?

 大学院では日本の安全保障政策と脅威の関係について研究を進めていました。自分の研究はもちろん、友人と安全保障から日本文化まで議論した経験は、多様性のある環境の中で意見を発する力に繋がりました。また指導教員の先生の下、様々な文献を読み研究発表を続けていくことで、論理的思考や仮説検証などの考え方も身につけることができました。

 卒業後はデロイトトーマツコンサルティングに入社しますが、そこでGSAPSで得た知見を活かして日本企業の海外進出に貢献していきたいと思っています。

 

3.      受験生・進学を考えている方へのアドバイスをお願いします。

 GSAPSは日本にいながら、まるで外国で過ごしているかのような空間が広がっています。専門分野を外国人と共に学び、多様性の中で過ごす日々には日本では味わえない楽しさや貴重な経験がありました。そんなGSAPSで過ごす日々は、これから海外で活躍したいと考える人にとって、必ず背中を押してくれる時間となります。

一覧に戻る

Page Top