修士論文計画書・修士論文関連

 INDEX

修士論文計画書

提出時期
9月修了希望者:修了希望年の3月
3月修了希望者:修了希望前年の9月

提出先
指導教員
※内容・提出受付日時・場所・提出方法等については、指導教員に確認し、指定の期日までに提出すること。

書式
所定用紙をダウンロード(A4用紙3枚程度)

修士論文提出資格

  1. 所定の単位(22単位)を取得した者あるいは取得見込みの者であること。
  2. 「修士論文計画書」をプロジェクト研究指導教員に提出済みであること。

スケジュール

2018年9月・2019年3月修了予定者スケジュールはこちら

修士論文審査について

修士論文の審査は、主審査員(主査)1名、副審査員(副査)2名でおこなう。2名の副審査員(副査)は事前の指導および修士論文計画書の内容に基づき決定される。

審査基準                   

当研究科における学位論文の審査は、以下の審査基準により実施するものとする。

  1. 着眼点、方法、内容、結論等におけるアイディア、独創性
  2. 論文のテーマ設定の妥当性、重要性
  3. テーマに応じた論文の構成の妥当性
  4. 先行研究のサーベイをふまえた専門分野における貢献度
  5. データや資料に裏付けられた実証性
  6. 論旨展開における論証力、説得力
  7. 専門用語や概念の使い方における正確さ、妥当性、充分性
  8. 論文のテーマに応じた明快かつ正確な文章力
  9. 引用の仕方、注の付け方、資料の利用の仕方、文献リストの作り方における正確さ、妥当性、充分性
  10. 地域研究、国際関係、国際協力・政策研究における論文としての卓越性    

注意点

  1. 各指導教員ごとの修士論文計画書・修士論文等の提出期限・方法は、各プロジェクトにより異なりますので必ず事前に確認してください。
  2. 副査発表・口述試験の日程は別途掲示・お知らせにて通知します。
  3. 修士論文および修士論文要旨はGSAPS図書館内で公開します。
  4. レポート・学位論文における「盗用・剽窃」行為に関する注意