アジア太平洋研究科論集(紀要)

博士後期課程の学生の博士論文完成に向けた研究活動を支援するため、アジア太平洋研究科ではアジア太平洋研究科論集を毎年2回発行しています。本誌は学内各機関をはじめ、研究機関等に配布し、かつ全ての論文は早稲田大学リポジトリによりウェブ上にも公開することになります。論集の掲載は、要項に従い論文を提出後、査読者および編集委員会による審査に合格する必要があります。本論集には毎回多数の学生から活発な投稿があります。

『アジア太平洋研究科論集』投稿規定  ※赤字部分2016年11月14日更新

 

1.    投稿資格

 『アジア太平洋研究科論集』への投稿資格者は、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程在学者(休学中は投稿不可)とする。なお、中間発表を終えて退学をした者、いわゆる研究指導終了退学者で、且つ博士学位論文未提出者は、退学後 3 年以内であれば提出を認める。

2.    投稿原稿要件

 『アジア太平洋研究科論集』投稿原稿は未発表の学術研究論文であることを要する。

 3.    論文投稿期日

 年 2 回とする。

・第 1 回目は 4 月下旬(但し土日祝日を除く)17 時まで。

・第 2 回目は 10 月下旬(但し土日祝日を除く)17 時まで。

※第 36号:2018年 4 月 26 日(木)〆 

第 35 号:2017年 10 月 31 日(火)〆 (投稿受付終了)

 4.    提出物および提出方法

(1)  投稿原稿(本文)

・提出方法:早稲田大学にて付与するメールアドレスを用いてメールで提出すること。なお、投稿原稿(本文)は、著者名を記載したMS-WORDファイルとともに、査読用に著者名を削除したPDFファイルもメールに添付すること。

・提出先:journal-haco@list.waseda.jp

・提出時の注意事項:「件名」および「添付ファイル」は「学籍番号_ ○○号投稿原稿」と記載すること。〆切日時を過ぎて送信された原稿については今号の審査対象から除外される。

・〆切日時はメール受信者側(journal-haco@list.waseda.jp)の受信日時に基づく。

 (2)  『アジア太平洋研究科論集』投稿受付表

・提出方法:「投稿受付表」(所定フォーマット)は、指導教員の承認(捺印または署名)を得た原本をアジア太平洋研究科事務所に提出するとともに、上記(1)の原稿(本文)提出の際に、同一の内容が入力された状態の電子ファイル(捺印・署名は不要)をメールでも提出すること。

・提出先:アジア太平洋研究科事務所、journal-haco@list.waseda.jp

 (1)・(2)ともに〆切日時までに提出確認が出来ない場合は今号の審査対象から除外される。

 5.    審査体制および類似度チェック

 投稿原稿は、匿名査読者の査読を経て、編集委員会が採否を決定する。なお、論文の受理に先立ち、編集委員会は類似度判定ソフトを用いたチェックを行うものとする。

 6.    編集委員との連絡上の注意事項

 審査の終了及びその他の事務連絡については、早稲田大学で入学時に付与するメールアドレスで行う。(例:○○○○ @fuji.waseda.jp)

 7.    著作権

 掲載論文の著作権はアジア太平洋研究科に帰属する。なお、『アジア太平洋研究科論集』掲載論文は、早稲田大学総合学術情報センター(図書館)・早稲田大学リポジトリへの論文掲載を事前承認しているものとみなす。

 8.    問い合わせ先

 ・問い合わせ先メールアドレス:journal-haco@list.waseda.jp

・執筆に関する問合せ:アジア太平洋研究センター助手

・一般問合せ(提出方法等):大学院事務所紀要担当(阪本・増田)

 DSpaceは2017年3月末で終了します。新しいプラットフォーム早稲田大学リポジトリ(Waseda University Repository)をご利用ください。

早稲田大学リポジトリURL:https://waseda.repo.nii.ac.jp/ 

 フォーマット

・「投稿受付表」(所定フォーマット)はこちら

 執筆要領

こちらをご確認ください(2017年2月13日更新)。
・提出前に必ずこちらの論集チェックリストをご確認ください (2017年4月13日更新)。

アジア太平洋研究研究科論集・編集委員会

編集委員委員長:松岡 俊二 教授
編集委員:勝間 靖 教授
編集委員:李 鍾元 教授
編集委員:リー ショーン 助教
編集委員:利根川 佳子 助教