アジアの地域ガバナンス・地域協力を支える指導者養成プログラム

 

 

概要

グローバル化とともに、東アジア地域では実質的な経済社会統合が進展している。近年では各国政府が積極的に地域協力制度を強化するだけではなく、「東アジア共同体」や「APEC 共同体」などの地域共同体構想も提唱されるようになった。これらの地域協力や地域統合の推進は、東アジア地域の平和と繁栄のためだけではなく、地球環境問題などのグローバル・イシューの解決や日本の経済・社会における新たな成長のためにも必要である。
こうした点をふまえ、本研究科では、「地球益」と「地域益」の実現に貢献する高度な専門性を持った人材育成を目的として「アジアの地域ガバナンス・地域協力を支える指導者養成プログラム」を設置する。本プログラムの目的は、アジアの地域ガバナンス・地域協力に関する研究とともに、調和的で持続的なガバナンスの実践に貢献できる人材を育成することである。本プログラムが養成するリーダーは、各国政府や国際機関の政策決定過程に積極的に関与していくことのできる指導的実務家・研究者として、世界の成長センターといわれるアジア地域のダイナミックな動向を敏感かつ体系的に理解し、グッド・ガバナンスと地域協力を推進する。そして、地域と日本の未来を同時に切り開く役割を担うことが期待される。
 「アジアの地域ガバナンス・地域協力」を、政治・経済・歴史・社会・文化・教育等の様々な分野から研究する。初年度より、各学生は各自の研究課題に基づく以下のプロジェクト研究(研究指導演習)に所属し、論文完成に必要な知識、分析視覚、方法論などを鍛錬・習得しながら、修士論文・博士論文の準備と執筆を行う。具体的には、プロジェクト研究を中心に、必修科目であるコア科目、研究活動に必須となる基礎知識の獲得および基礎技術の修得を目的とした共通基礎科目・専門基礎科目、そしてより高度な知識の習得および応用能力の練成を主たる目的とした発展科目を、指導教員の指導の下で、履修していく。

プログラム認定証

所定の要件を満たした学生に対してプログラム認定証を交付します。

認定証発行要件

課程ごとに認定証発行要件を設定しています。該当する入学年度の認定証発行要件に従って、所定の単位・科目を修得するようにしてください。

2013年9月入学者用 認定証発行要件
2014年9月入学者用 認定証発行要件
2015年9月入学者用 認定証発行要件
2016年9月入学者用 認定証発行要件

プログラム関連科目

認定証発行要件を満たすためのプログラム関連科目(CAコア科目、CA指定科目等)については、以下の「EAUIプログラム科目一覧」(年度別)にてご確認ください。

2017年度EAUIプログラム科目一覧
2016年度EAUIプログラム科目一覧(2016/09/23更新)
2015年度EAUIプログラム科目一覧
2014年度EAUIプログラム科目一覧
2013年度EAUIプログラム科目一覧
2012年度EAUIプログラム科目一覧
別表

※注意【2015年4月9日改定(赤字表示箇所)】:
「CAコア科目」「CA指定科目」の区分は、アジア太平洋研究科の学科目配当表やWEB履修申請システム上には表示されません。「CAコア科目」「CA指 定科目」の対象科目を履修登録するには、当該年度の「EAUIプログラム科目一覧」を参照して該当科目を確認のうえ、科目登録を行うようにしてください。
なお、Future Leaders Programの修了(卒業)判定に際しては、原則として、自身が当該科目を履修した年度の「EAUIプログラム科目一覧」に掲載されている科目が認定の対象となります。
ただし、例外措置として、別表に掲載されている科目に限り、自身が当該科目を履修した年度の「EAUIプログラム科目一覧」に掲載されていなくても、「CA指定科目(またはCAコア科目)」を履修したこととして扱われます。