教員紹介

村嶋 英治(MURASHIMA Eiji)

■資格:
教授
■経歴・略歴:
アジア経済研究所研究員/研究主任(1974-1992)
成蹊大学助教授/教授(1992-1997)
早稲田大学教授(1997-現在)

■専門分野:
  東南アジア地域研究
  東アジアの歴史
■研究テーマ:
  東南アジアの中国人・日本人社会と歴史
  近現代タイの政治・外交史
  東南アジア大陸部の国際関係・国境政治
■主な研究業績・受賞:
  【主な研究業績】

  1. Kamnoet Phak Khommiunit Sayam 1930-1936(Matichon, Bangkok,2012 [in Thai]) .
  2. Kanmuang Chin-Sayam 1925-1941(Chinese Studies Center, Chulalongkorn University,1996[in Thai]).
  3. 『ピブーン:独立タイ王国の立憲革命』 (岩波書店,1996)

■主要学会 社会貢献活動:
  【主要学会】
    東南アジア学会
    日本政治学会
    日本国際政治学会
  【社会貢献】
    『タイ・カディー研究ジャーナル』(タイ研究)編集顧問
    第10回国際タイ学会諮問委員
■担当プロジェクト研究(ゼミ):
  MA:東南アジアの政治社会と文化
  PhD:東南アジア地域研究 ※2019年9月入学以降募集停止
■研究テーマ/プロジェクト研究詳細・育てようとする人材像:
  本ゼミ所属の修士/博士学生は、多国籍・多文化である。これまで日本・タイ・中国・台湾・インドネシア・マレーシア・カンボジア・ラオス・ミャンマー・アメリカ・ポーランドの学生が所属したことがある。博士学生に関しては、2013年度までに、10名が博士号を得た。その内訳は、日本4人、タイ5人、カンボジア1人である。
所属学生の修士博士論文のテーマは、東・東南アジア各国の歴史・政治・社会・文化等に関するもの、ASEAN研究、東南アジアの対外関係など、多種多様である。
本ゼミでは、できるだけ短い期間で効率的に、質の高い研究論文を完成させることができるように、学術論文の作成のための調査方法、論文の書き方を、日本語もしくは英語で丁寧に指導している。
■研究室HP等/研究者DB:
  https://www.wnp7.waseda.jp/Rdb/app/ip/ipi0211.html?lang_kbn=0&kensaku_no=1126

一覧に戻る

Page Top