School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

News

ニュース

「グローバル入試」の導入について

社会科学部では、現行の「帰国生入試」を「グローバル入試」に改め、以下の改編を行うことにより、いわゆる帰国生に加え、国際的なキャリアおよび志向性をもつ国内の高校出身者を積極的に受け入れていきます。
なお、新「グローバル入試」は2019年度入試(2018年に出願・選考)より開始し、現行の「帰国生入試」は2018年度入試(2017年に出願・選考)をもって募集を停止します。

 

■帰国生入試からグローバル入試への改編ポイント

<Point 1> 日本語学位プログラムに加えて、英語学位プログラムへの出願が選べるようになります。

<Point 2> 従来は出願を認めていなかった日本国内の高校生にも募集範囲を拡大します。

<Point 3> 英語外部試験としてTOEFLに加え、IELTS, TEAP, 英検のスコアも提出可能となります。

関連リンク:英語学位プログラムの再編について
関連リンク:ソーシャルイノベーションプログラム紹介パンフレット

 

■グローバル入試の詳細

詳細はこちらより、”グローバル入学試験[2019年度4月入学]”をご覧ください。

 

■ご参考:入試制度と学位プログラムの選び方

Case 1

日本で生まれ育ち、日本国内の高校に在籍している。将来は国際的な仕事に就きたいと考えており、高校生活では半年間の海外留学にチャレンジした。英語学習にも力を入れていて、TOEFLのスコアを持っている。大学では、様々なバックグラウンドを持つ学生とともに英語で学問に取り組むことで、英語の実践力に磨きをかけたい。また、1年間の海外留学にも再びチャレンジしたい。

グローバル入試で、英語学位プログラムに出願!

英語学位プログラムでは、グローバル入試により、強い海外志向をもつ国内高校出身者を積極的に受け入れます。
入学後は、英語漬けの環境のもとで英語「で」思考する力を養いやすく、また早稲田大学の豊富な留学プログラムを活用して海外留学にチャレンジしやすい環境が整っています。

Case 2

日本で生まれ育ったが、保護者の仕事の都合で、高校からは海外のインターナショナルスクールに在籍している。将来は、日本に戻っての就職を考えているが、いったん日本社会を離れたこともあり、改めて日本のことを深く学ぶとともに、海外生活で身に付けた経験も活かしたい。

グローバル入試で、日本語学位プログラムに出願!

グローバル入試は、従来の帰国生入試の役割も兼ねます。国際色豊かなキャリアをもつ方の出願を歓迎します。
入学後は、一定の基準を満たせば英語「で」学問を学ぶ科目(英語学位プログラムの科目)にチャレンジすることも可能。日本語学位プログラムを主軸としつつ、これまでの海外経験で培ってきた英語力という強みを引き続き伸ばしていくことが可能です。

Case 3

日本で生まれたが、幼少時から海外生活が続いたことから、日本語以上に英語が得意である。大学では、得意な英語で学問に取り組みつつ、母国語である日本語も改めてきちんと学んでいきたい。

英語学位プログラム向けAO入試に出願!

(英語学位プログラム向けAO入試の詳細はこちら)
グローバル入試は日本語を使って選考しますが、英語学位プログラム向けAO入試では、選考の際に日本語を使う必要がありません。
入学後の英語学位プログラムのカリキュラムでは、語学としての日本語の授業が必修科目として設定されています。さらに、一定の基準を満たせば、日本語で学問を学ぶ科目(日本語学位プログラムの科目)にチャレンジすることも可能です。

※上記はいずれも仮想ケースであり、海外生活の経験などは出願や合格ための条件ではありません。どの入試制度を選び、どの学位プログラムに出願するかは、最終的にはご自身でご判断いただくこととなります。

 

関連リンク

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる