Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

WINeST - Collaboration between Industry and Academia

産学連携交流事業 WINeST

WINeST

WINeST先端研究者交流会

WINeST先端研究者交流会について

WINeST 先端研究者交流会は、産業界と早稲田大学とが、国の政策等も鑑みつつ、社会に役立つ新しい価値の創造を、人材の交流を通じて種々の形で具現化すること、および若手人材の育成、更なる研究と教育の活性化を通じて産と学との発展に資することを目的としています。

上記の目的を達成するため具体的には、本会が提唱するウィークタイズ(Weak Ties:緩やかな絆)なプラットフォームをベースに下記の活動を実施していく予定です。

  1. 産業界から早稲田大学への要望・提案に対するハブ機能
  2. 産業界に対する早稲田大学からの直接的な情報発信
  3. 産業界と早稲田大学とのコミュニケーション・ネットワークの構築
  4. 産学連携に関する会員相互の情報・意見交換
  5. 社会に対する産学一体となった戦略的提言
  6. 産学連携プロジェクトの増進

早稲田大学のコアコンピタンス(Core Competence)をフル活用させるべく、産学連携支援体制を充実させてまいります。
従来の共同研究等では、産・学、一対一の連携体制が主でしたが、これを発展させ、異分野・異業種の融合を促進するため、また「持続可能な社会の実現」に向けて、以下のような知のプラットフォームを提供してまいります。

  • シーズ、ニーズ提案会の実施
  • 若手人材との交流
  • シンポジウムの開催
  • 研究部会活動
  • 密な情報交換・定期的な情報発信す

winest

我が国を取り巻く諸問題への挑戦

環境・エネルギー対策、安全・安心対策、高齢化・少子化対策、TPP対応等

  • 大型共同研究
  • 国家プロジェクトへの応募
  • 政策提言

WINeST 先端研究者交流会では、シンポジウムや交流セミナーなどを通じて、会員企業の皆様に連携のきっかけとなるような本学の取組を紹介しています。その他、会員企業の皆様ご希望に合わせた、さまざまな活動を展開しています。

会員の皆様のニーズに応じて、研究会を設置しています。本学の教員を代表者とし、特定のテーマについて定期的に研究活動を行っています。

現在以下の研究会が活動しています。

研究部会名 医療ロボット・ICT研究部会
(代表者:人間科学学術院 可部明克教授
研究部会
概要
在宅医療や病院向けなどのロボット、及びそれらを繋ぐネットワーク技術による先進的なシステムの基本検討を行う。
また、重要な技術の研究を進め、参加メンバーの実務に活かすことを目指す。 具体的には主に下記の3つの分野につき、活動する。
①「在宅医療」等を担う個人ユーザ向け医療福祉ロボット
②「病院など医療現場」向け医療福祉ロボット・ITツール
③在宅と医療現場をつなぐ「ネットワーク及び医療用データセンター」の構築技術
取組む課題 課題1:医療現場のニーズ把握、特に過疎地等の医師不足、問診時間の不足等
課題2:震災等で転居しても「どこでもマイ病院」で診察を受けられるシステム
課題3:在宅医療ロボット(機器)の開発と、ネットワークシステムの構築
ご入会方法 WINeST法人および個人会員(理工学術院専任教員等)に限定
お問合せは[email protected]まで

法人会員入会金・年会費

無料(4月1日~翌年3月31日)
ただし、研究部会ご参加には別途費用をいただく場合があります。

お申込み・お問い合わせ

お申込みは下記の事務局までお問い合わせください。

早稲田大学理工学術院総合研究所 WINeST先端研究者交流会事務局
〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
TEL:03-3203-7613
FAX:03-5286-3472
E-MAIL:[email protected]
URL:http://www.wise.sci.waseda.ac.jp/winest/

サイエンスギャラリー過去の展示

2014年4月~6月

展示:アーリーバードプログラムの紹介
【プログラムの沿革・組織について/研究員の紹介/研究成果】
展示物:ポスター

2014年6月~2015年1月

展示:TWIns(先端生命医科学センター)の紹介

(1)ポスター

①TWInsの施設紹介(沿革、施設概要等)

②TWInsの研究者紹介(16名)

  • 梅津 光生(総合機械工学科)
    ドライラボによる医療機器の医工学的研究とレギュラトリーサイエンス
  • 高西 淳夫(総合機械工学科)
    ヒューマノイドロボット技術の医療応用
  • 藤江 正克(総合機械工学科)
    臓器ダイナミクスに基いたヘルスケアロボットの研究
  • 朝日 透(生命医科学科)
    物質の左右性(キラリティ)を識別する手法の開発とその学際的研究への応用
  • 井上 貴文(生命医科学科)
    神経細胞の情報処理機構の解明
  • 大島 登志男(生命医科学科)
    神経発生関連遺伝子の個体レベルの分子生物学的解析
  • 合田 亘人(生命医科学科)
    低酸素応答が拓く新しい代謝疾患制御
  • 佐藤 政充(生命医科学科)
    減数分裂における微小管による染色体分配機構の解明
  • 仙波 憲太郎(生命医科学科)
    がん細胞の特性を制御する遺伝子の探索と機能解析
  • 武岡 真司(生命医科学科)
    ナノ医療や生命医科学の進歩に貢献するバイオマテリアルの研究
  • 武田 直也(生命医科学科)
    バイオマテリアルとマイクロ・ナノバイオテクノロジーによる細胞操作および生体組織工学への応用
  • 竹山 春子(生命医科学科)
    マリンバイオテクノロジー:海洋生物資源からの有用物質の探索と利用を目指して
  • 常田 聡(生命医科学科)
    複合微生物系の機能解明と構造制御
  • 伊関 洋(共同先端生命医科学専攻)
    医療機器・システム開発
  • 岩﨑 清隆(共同先端生命医科学専攻)
    革新的医療技術の臨床応用と普及のための非臨床評価法の進展
  • 澤村 直哉(先進理工学専攻)
    精神神経疾患発症の分子メカニズムの解明

(2)ショーケース展示

①次世代型人工心臓『エバハート』 (梅津研究室)
②『ナノシート』 (武岡研究室)

2013年10月~2014年3月

展示:材料技術研究所の紹介
【研究所の沿革・組織について/設備の紹介/研究成果(在籍研究員)】
展示物:ポスター、動画、ショーケース

2013年6月~9月

展示①:高エネルギー電子、ガンマ線観測装置<CALET>の紹介(理工学術院鳥居 祥二教授)
展示物:ポスター、動画、模型展示(1/4模型)

展示②:超小型人工衛星WASEDA-SATの開発(理工学術院宮下 朋之教授)
展示物:ポスター、モデル(ショーケース内)

展示③:月探査衛星「かぐや」に搭載したガンマ線分光計について(理工学術院長谷部 信行教授)
展示物:ポスター、モデル(ショーケース内)

展示④:無人機(UAV)を用いた被災者探索システムに関する研究(理工学術院嶋本 薫教授)
展示物:ポスター

展示⑤:地球対流圏・電離圏間の大規模電磁統合とその時空間変動の解明(高等研究所足立 透助教)
展示物:ポスター

展示⑥:地球外物質から探る初期太陽系の固形物質進化(高等研究所小松 睦美助教)
展示物:ポスター

2013年2月~5月

展示①:学内研究機構の紹介【重点領域研究機構、IT研究機構、ナノ理工学研究機構、先端科学・健康医療融合研究機構、総合研究機構】
展示物:ポスター

展示②:早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所(WABIOS)の研究紹介
展示物:ポスター、動画

2012年11月~2月

展示①:CREST研究・さきがけ研究の研究紹介(今年度新規採択課題を含む)
展示物:ポスター、スライド

展示②:<万物に”質量”をもたらすヒッグス粒子の発見>(理工学術院総合研究所寄田 浩平准教授)
展示物:ポスター

2012年8月~10月

展示:GCOEグローバルロボットアカデミアの成果展示
展示物:ポスター、ロボット、動画

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる