Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

忌引きによる授業欠席等の取扱い

家族等の忌引きにより、授業に出席できない、レポートを提出できないあるいは試験を受験できない場合は、その間の取り扱いについて、会葬礼状を持参し、研究科事務所で手続きを行うことで、特別に配慮いたします。

対象

本学学生全員

取扱い

忌引きによる「授業欠席(オンデマンド授業における未受講を含む)」、「レポート未提出」、「試験未受験」について、成績評価において不利にならないよう「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」を研究科事務所で発行してもらい、科目担当の先生にお願いできます。(但し、欠席の取扱いの最終的な判断は、科目担当の先生に委ねられる)

忌引きの対象および日数

  • 対象: 1親等(親、子)、2親等(兄弟姉妹、祖父母、孫)および配偶者
  • 日数: 授業実施日連続7日まで ※ただし、対象者が海外在住者の場合は、その日数については柔軟に対応します。

手続方法

  1. 欠席期間終了後10日以内に、研究科事務所に申し出て、「忌引きによる欠席届」を受け取ります。
  2. 「忌引きによる欠席届」(記入済)および会葬礼状等を、すみやかに事務所に提出します。
    ※保証人が死去した場合は、保証人変更の手続きを行い、新しい保証人が署名・捺印をした上で提出します。
  3. 事務所にて「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」を発行してもらいます。
  4. 「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」を持参し、科目担当の先生に欠席等に関する取扱いを申し出ます。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる