Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

松丸 隆文 教授 (まつまる たかふみ)

09自己紹介

研究テーマ・領域

バイオ・ロボティクス&ヒューマン・メカトロニクス

09ch人間共存ロボットの形態・動作や人間共生ロボットの対人インタラクションなどのこれまでの課題を継続させながら、情報学・生体工学の観点での新たな課題に展開してゆきます。 例えば、人間共存ロボットの形態・動作や人間共生ロボットの対人インタラクションでは、人にわかりやすい、あるいは、人が使いやすい人工システムを対象として、設計理論や方法論を構築し、その実用化技術を開発します。 すなわち、人ともの・情報・環境にまたがり、生活の中での人と人工物のより深い結びつきを探求する新しい融合領域・学際分野として、世界中の人々に大いに貢献できると考えます。

  • 移動ロボットの遠隔操作システム
  • 移動ロボットの意図・行動の予告
  • 人間共存ロボットの形態・動作
  • 人間共生ロボットの対人インタラクション
  • 人の運動・動作の計測と解析
  • メカトロニクスの体系的な学習方法
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる