Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

For Current Student

在学生の方へ

Visa

留学ビザ

留学ビザ取得までの流れ

日本に入国するために在留資格を申請するには、まず日本国内の法務省入国管理局に「在留資格認定証明書」を申請する必要があります。早稲田大学では入学手続きを完了した国外居住の外国籍学生に限り、本人に代わって入国管理局に「在留資格認定証明書」の代理申請を行います。 代理申請後、「在留資格認定証明書」が入国管理局より早稲田大学に交付されましたら、早稲田大学から申請者へ郵送いたします。「在留資格認定証明書」を受け取った後は、パスポートとともに居住国の日本大使館または領事館で「留学」ビザ(査証)を申請してください。

visa 2016

在留資格認定証明書交付申請提出書類

以下4つの書類を他の入学手続の書類と共に郵送してください。
※書類が不足している場合は、代理申請ができません。

  • 在留資格認定証明書交付申請書
    所定の様式に、記入例を参考に記入して早稲田大学へ提出。
  • カラー写真1枚(縦4cm×横3cm)
    裏面に氏名を記入すること。
  • パスポートのコピー
    見開き1ぺージ目(顔写真、パスポート番号、氏名が記載されているページ)のコピーが必要です。
  • 預金残高証明書(原本)
    出願時に提出していない人のみ提出が必要です。

注意事項

※すでに在留資格をお持ちの方は、申請する必要はありません。その場合は、在留資格名を本研究科事務室へお知らせください。

滞在中に必要な手続きについて

在留期間の更新、卒業・就職による在留資格の変更などは入国管理局で申請が必要です。
申請用紙は入国管理局で入手するか、または法務省入国管理局HPからもダウンロードできます。
※IPSスクエアにも掲載しています。

早稲田大学キャリアセンター、留学センター、入国管理局の公開情報も参照してください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる