Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

News

12月21日(金)現政研セミナー(イアン・シャピロ先生)のご案内 the WINPEC Seminar

【日時 / Date】12月21日(金): 10:40-12:10 / December 21, Friday, 10:40-12:10

【言語 / Language】英語 / English (通訳なし / No translation)

【対象/ Audience】学部生・大学院生・教職員・一般 / All students, faculty members, and the general public

【報告者 / Speaker】

イアン・シャピロ先生(イェール大学政治学部スターリング教授、マクミラン国際問題・地域研究センター所長)/ Prof. Ian Shapiro, Sterling Professor of Political Science, Henry R. Luce Director,  MacMillan Center for International and Area Studies, Yale University

 

(講師紹介)シャピロ先生は、民主主義、正義、社会的探求の方法について多数の重要な研究業績をお持ちです。南アフリカのご出身で、イェール大学ロースクール、イェール大学政治学部で博士号を取得された後、1984年から同学部で教鞭をとられ、1999年から2004年までの期間、学部長を務められました。また、アメリカ芸術科学アカデミーおよびアメリカ哲学協会のフェロー、外交問題協議会のメンバーとしてもご活躍です。近刊書には、The Real World of Democratic Theory (Princeton University Press, 2012) , Politics Against Domination (Harvard University Press, 2016), Responsible Parties: Saving Democracy from Itself (Yale University Press, 2018) (Frances Rosenbluthとの共著)があります。現在は、民主主義と所得・富の分配との関係についての研究に取組まれています。

 

(Biography)Professor Shapiro is Sterling Professor of Political Science at Yale University, where he also serves as Henry R. Luce Director of the MacMillan Center for International and Area Studies. He has written widely and influentially on democracy, justice, and the methods of social inquiry. A native of South Africa, he received his J.D. from the Yale Law School and his Ph.D from the Yale Political Science Department where he has taught since 1984 and served as chair from 1999 to 2004. Shapiro is a fellow of the American Academy of Arts and Sciences and the American Philosophical Society, and a member of the Council on Foreign Relations. His most recent books are The Real World of Democratic Theory (Princeton University Press, 2012), Politics Against Domination (Harvard University Press, 2016), and, with Frances Rosenbluth, Responsible Parties: Saving Democracy from Itself (Yale University Press, 2018). His current research concerns the relations between democracy and the distribution of income and wealth.

 

【テーマ / Theme】「民主主義における政治的競争:善、悪、邪悪」/ “Democratic Competition: The Good, the Bad, and the Ugly.”

【概要 / Abstract】

本セミナーでは、フランシス・ローゼンブルースとの共著である「Responsible Parties: Saving Democracy from Itself」(イェール大学出版、2018年)の内容に依拠しつつ、民主主義における政治的競争の多様性について議論する。具体的に、過去数十年間、政党をより民主的にするための改革努力がなされてきたが、何故、そうした改革は、有権者の政治不信、政治離れを助長し、健全な統治を妨げ、その結果、扇動的なポピュリスト的政治家の台頭を促すといった帰結をもたらしたのか、その理由を説明する。また、こうした傾向を覆すためには何が必要とされるのかについても検討を行う。

 

Ian Shapiro discusses the varieties of political competition across the democratic world. He shows why efforts to reform political parties over the past several decades to make them more democratic have backfired, compounding voter alienation, undermining good governance, and empowering demagogues and other populists. He also explains what needs to be done to reverse the trend. This talk draws from his new book with Frances Rosenbluth: Responsible Parties: Saving Democracy from Itself (Yale University Press, 2018).

 

【招聘教員 / Organizers】栗崎周平・高橋百合子 / Shuhei Kurizaki・Yuriko Takahashi

Dates
  • 1221

    FRI
    2018

Place

早稲田大学3号館10階第一会議室

Tags
Posted

Mon, 19 Nov 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる