Graduate School of Public Management早稲田大学 公共経営大学院

About the School

大学院について

Students Speak

在学生へのインタビュー

1.波照間 永楽

公共経営を志望した理由

 本大学院の理念である日本や世界の国々が直面している深刻な社会問題に対して真摯に向き合い最良の解決策を見出し、より良い社会の構築に貢献する姿勢に強く感銘を受け、私自身がこれら諸問題といかに向き合うべきかを学ぶために進学を決意しました。特に、国内の経済や情報、労働が集中する都市と、過疎や高い失業率等の問題を抱える地域間における格差の拡大は今後の日本の針路を問う深刻な問題であると思い、地域に目を向けた持続的な発展はどうあるべきかを、理論や実践経験を通して学び、追求したいと思いました。

印象に残っている授業

 公共経営大学院の卒業生で組織される国会稲門会の寄付講座で「インターンシップ(国会稲門会)」は非常に強く印象に残っています。私の地元から選出された衆議院議員の事務所でお世話になったのですが、事務所へのアポイントを自分で取り付け直接足を運び面談を受けインターンシップ採用が決まりました。約2か月間、週に4日程度授業の合間を縫って事務所で秘書の方とともに実務に携わらせてもらいました。代議士のスケジュール管理から、会議資料の作成、マスコミの記者への対応、地元の要請団への対応、各省庁の職員との折衝等の業務を目の当たりにすることで、政治のリアルな現場を体感することができました。議員の方々は日本が抱える様々な社会問題に対して、知恵を出し合い、汗を流していることを知ることができ、更に政治を身近に感じることができました。また学生生活では中々関わることのできない方々との多くの出会いがあり人脈や視野が広がり、大変貴重な経験になりました。

自身の研究テーマについて

 地域活性化政策における行政・地域企業・地域住民の参画によるまちづくりに関心があり、現在は那覇市の牧志・安里地区第一種市街地再開発事業を対象にして、中心市街地再開発に向けた、行政・地域企業・住民の協働のあり方を調査しています。政策形成の過程からどのような地域の未来を描くのか、加えて、行政・企業・住民の役割分担と積極的な参加と連携を通して、地域の持続的な発展に向けて、私自身がどのように貢献できるかについて考えていきたいと思います。

2.張 昌

公共経営大学院を志望した理由

 私は現在、中国の地方政府において国際交流に関する仕事に従事しています。日々の仕事の中で、ますます多様化・複雑化する世界をよりよく読み解くために、語学の知識だけではなく、国際的な視野や多分野の専門知識が必要とされていると痛感しています。中国においても名高い早稲田大学に留学し、日本などの先進諸国の公共政策の実態、各自治体の運営方式、また現在抱えている課題などについて全面的に把握したいです。日本に対する理解を一層深めるとともに、その経験や教訓をこれから中国の行政管理体制の改革を推進するうえでの参考にしたいと考え、志望しました。

印象に残っている授業

 日本の住民自治と地方議会に関する課題を紹介する「地方自治特論」、政策の企画・設計手法を学べる「政策形成」、公務員制度改革のプロセスを考察できる「人事行政」、中日の社会保障政策の社会効果を追究する「社会政策」など、全ての授業が印象深く、大変勉強になりました。 その中で、留学生の私にとって一番興味深かったのは「地域活性化」です。日本国内で有数の温泉観光地である熱海市の「地域活性化」をテーマにして、2回にわたって熱海市に入り、フィールドワークに参加しました。現地の行政、観光協会及び市の民間事業者と踏み込んで意見を交換し、熱海市の温泉・景観・食材・文化などについてもいろいろ考察でき、大変有意義な時間を過ごしました。公共経営について考察するために理論と現場の実情の両方を学ぶ意義をしみじみと感じました。

自身の研究テーマについて

 私は「災害時要援護者」というテーマで研究を進めています。災害時に特に支援を必要とする方への対策は防災・福祉・市民生活など行政の多部局にまたがり、また地域の自治会、支援団体などとも協働して取り組む必要があります。つまり自助、共助、公助のあり方が問われる分野であり、研究する意味が大きいと考えています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gspm/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる