Graduate School of Economics早稲田大学 大学院経済学研究科

For Alumni

修了生の方へ

Request a Certificate

証明書発行
証明書の発行について
証明書の発行については、共通案内をご確認ください。

事務所窓口で本人が請求する場合

研究科事務所(3号館10階)、またはポータルオフィス(7号館1階)で発行します。(*1)(*2)

(*1)以下に該当する修了生の方は、研究科事務所のみでの発行となります。証明書によっては発行までに1週間程度要する場合がございます為、郵送での発行申請をお勧めいたします。
修了証明書:1984年3月以前修了の方
成績証明書:1992年4月以前入学の方

(*2)博士学位取得証明書は取得年度によって発行箇所が異なります。
2005年度以前取得の方:教務課のみでの発行
2006年度以降取得の方:教務課・研究科事務所・ポータルオフィス(7号館1階)

  1. 備え付けの「証明書交付願」に所定事項を記入のうえ、手数料収納証を貼付して申し込んでください。
  2. 本人であることを確認するため、身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート等)を必ず持参してください。
  3. 改姓名者は下記「改姓名者が請求する場合」を必ずご確認ください。

研究科事務所の開室時間は、こちら

(止むを得ず)代理人に請求を依頼する場合

  1. 代理人に委任状(要捺印・本人の身分証明書コピー添付)・本人の身分証明書(コピー)と代理人の身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート等)を必ず持参いただき、事務所にて必要な手続きを行うようご依頼ください。
    委任状フォーマット:(手書き用) (PC入力用*)
    (*)Excelに入力する場合でも「自署」部分は手書きしてください。

郵送で本人が請求する場合

申請方法の詳細は、こちらをご覧ください。

注意事項

  1. 同封いただく返信用封筒には、宛先を明記の上、返送時に必要な切手を貼付してください。※重さ・封筒のサイズ(定型・定型外)により郵便料金が異なります。詳細は日本郵便HPをご参照ください。
  2.  海外からの請求時に、次の合計金額:(証明書発行手数料合計金額+EMS送料)を大学への外国送金にてお支払いただく必要があります。なお、外国送金等で発生した手数料もすべて申請者に負担いただく必要がありますのでご承知ください。 ※EMS送料の詳細は、日本郵便HPをご参照ください。

改姓名者が請求する場合

本学離籍後に改姓名を行い、大学に登録されている氏名と異なる場合、大学に登録されている氏名(離籍時の氏名)の変更は原則として行っていません。そのため、改姓名者が各種証明書の発行申請を行う際、身分証明書と大学に登録されている氏名が記載されている以下いずれかの書類をご提示ください。

  • 戸籍謄本、戸籍抄本
  • 新旧両方の氏名が記載された官公庁等の発行する身分証明書(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、年金手帳)

※大学に登録されている氏名(離籍時の氏名)の変更を行わないことで不利益等が生じる場合、大学院事務所までご相談ください。

注意事項

  1. 事務所窓口にご来所の場合、証明書は原則として即日発行ですが、「教員免許状単位修得証明書」や所定書式外の証明書については1週間程度かかります。※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在事務所窓口は時間短縮して開室しております。証明書発行に関しましてはご郵送での対応とさせていただいております。通常時よりご対応までにお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。※最新の事務所開室時間については、こちらをご参照ください。
  2. 発行手数料は、どの証明書でも1通につき300円ですが、修了日の属する月の末日まで(3月15日修了の場合は3月末日まで)は1通につき200円(在学生扱い)とします。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/gse/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる